日本の世界遺産23件 世界遺産登録数ランキング12位

2020~21年、新型コロナウィルス感染拡大によって、訪日外国人は99.9%減!

しかし、ニュースで、コロナ終息後に行きたい旅行先のランキングが発表されました。調査会社の名前は…覚えてません。sorry…

アジア居住者の行きたい旅行先は
1位:日本(56%)
2位:韓国(30%)
3位:台湾(23%)

また、欧米豪居住者の行きたい旅行先は
1位:アメリカ(28%)
2位:日本(24%)
3位:カナダ(20%)

信じるか信じないかは…あなた次第です!

日本の世界遺産は23件

日本列島地図
日本列島

2021年現在、 日本には、文化遺産19件自然遺産4件合計23件の世界遺産があります。

これまでに行った場所の記事は、ただいま少しずつ写真や文章を増やして、情報を進化させている途中です。

2020~21年は新型コロナウィルスのパンデミックで、海外に行くことが難しくなりました。

想定外の事態ですが、それならまずは日本国内の制覇を最優先するというふうに方向転換もできます。

世界遺産、全部行ったら海賊王!

おすすめのテレビ番組

日本の世界文化遺産19件

1.琉球王国のグスク及び関連遺産群

琉球王国のグスク
琉球王国のグスク

沖縄に残る琉球王国時代の9つの遺構。当時の中国や日本の影響を受けながらも、独自に発展した琉球の文化や技術が見られます。

9つ全て訪問可能ですが、首里城は2019年10月31日に焼失してしまったため、再建待ちです。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

2019年10月31日 衝撃的なニュースが入ってきました… 首里城焼失…!! 琉球新報によると、首里城の正殿、北殿、南殿…

2.厳島神社

厳島神社
厳島神社の海上大鳥居

広島県にある2つの世界遺産のうちの1つで、日本三景の一つでもある絶景中の絶景が、厳島(いつくしま)神社。

海の上に佇む社殿群は、世界でも類を見ない極めて珍しい建造物です。

聖域である弥山(みせん)と、瀬戸内海、それらの自然環境と見事に融合した、現存する数少ない平安~鎌倉時代の宗教建築です。

3.原爆ドーム

原爆ドーム
原爆ドーム

現代人類史上、初めて使用された核兵器である原子爆弾。灰塵と化した当時の広島で、唯一倒壊を免れた奇跡の建造物。

今も立ち続ける、世界平和を目指す活動の記念碑として、他に例を見ない奇跡の建造物です。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

数ある世界遺産の中でも、唯一核兵器に滅ぼされた証の建造物が、通称「原爆ドーム」。アメリカの反対を覆し、世界遺産にしたのは…

4.姫路城

姫路城
姫路城

兵庫県姫路市にある、日本唯一の城の世界遺産。日本最大規模の城塞建築で、その美しさ、完成度の高さも最高水準と評される。

日本最初の世界遺産の一つで、世界的にも珍しい木造城郭建築の中でも、最も保存状態が良い日本が誇る城の中の城。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

姫路城は、兵庫県姫路市にある城で、江戸時代初期に建てられた天守や櫓等の主要建築物が現存する「現存十二天守」の一つ。 国宝…

5.富岡製糸場と絹産業遺産群

富岡製糸場
富岡製糸場

群馬県富岡市にある、明治政府が設立した官営の器械製糸場。

1987年に操業を停止したが、設立当時は製糸場としては世界最大規模。

1920年代に、日本が世界一の生糸輸出国になることに貢献。世界の絹産業を支えたことにより、日本の近代産業遺産としては初の世界遺産登録。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

映画「跳んで埼玉」で有名になった埼玉県ですが、世界遺産はありません。しかし、群馬県には世界遺産がある! 東京都にすらない…

6.日光の社寺

日光東照宮
日光の社寺

栃木県日光市、8世紀後半に開山され、発展してきた日光山周辺にある二社一寺に属する103棟の建造物。

東照宮だけが注目されがちだが、二荒山神社、輪王寺も含めた社寺の集合体と周囲の自然環境によって作り出される景観は、まさに豪華で神秘的な佇まい。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

世界遺産、全部行ったら海賊王! 世界遺産「日光の社寺」(いわゆる日光東照宮)には、「東照宮」「二荒山神社(ふたらさんじん…

7.石見銀山遺跡とその文化的景観

日本の世界遺産 石見銀山
大久保間歩入口

最盛期の江戸時代前期には、世界の銀の3分の1を算出し、世界経済を動かしたという島根県にある銀の王国。

銀山だけでなく、街道や港、植林による自然環境の保護など、トータルの産業システムがそのまま残されている産業遺産としても貴重な存在。

鉱山開発と自然環境の融合が認められた「文化的景観」である。

日本の文化的景観は、「岩見銀山」と「紀伊山地の霊場と参詣道」のみである。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

世界遺産、全部行ったら海賊王! アジア初の産業遺産である「石見銀山」。文化的景観も認められている世界屈指の銀山で、戦国時…

8.ル・コルビュジエの建築作品
-近代建築への顕著な貢献-

夜の国立西洋美術館
夜の国立西洋美術館

20世紀の世界三大建築家の一人である「ル・コルビュジエ」の作品群。

日本は唯一、東京上野にある国立西洋美術館本館が含まれる。

フランスやスイスなど、世界7ヶ国17資産に残る建築群が対象で、大陸を跨ぐ初の世界遺産登録となった。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

2019年は、国立西洋美術館竣工(1959年)60周年!世界三大建築家の一人「ル・コルビジュエ」の作品群は、2016年に…

9.「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

世界遺産 沖ノ島
沖津宮遥拝所から沖ノ島を臨む

約8万点の出土品が全て国宝に指定され、島全体が御神体とされ、今も一般の立ち入りを制限している、福岡県宗像市にある日本国内屈指の秘境。

4~9世紀に、海上の安全を願う古代祭祀の変遷を示す遺跡が,ほぼ手つかずの状態で現代まで残されており、歴史資料としても超一級。

沖津宮,中津宮,辺津宮の総称「宗像大社」そして、その信仰の中心である古代豪族宗像氏の墳墓群が構成資産。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

2017年7月2日〜7月12日に、「第41回世界遺産委員会」がポーランドのクラクフで開催され、福岡県の「『神宿る島』宗像…

10.古都奈良の文化財

古都奈良の文化財
東大寺南大門

710年、平城京遷都。京都の前に都であったのが奈良。

独自に発展した、高度な木造建築の仏教建造物群や、藤原氏の氏神を祀る春日大社、聖域である春日山原始林も含まれる。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

古代の都「奈良」の代表的な建造物群に、春日山原始林を加えた8件の構成資産を持つのが、古都奈良の文化財。 古都京都に行く前…

11.法隆寺地域の仏教建造物

法隆寺
講堂から見て左が金堂、右が五重塔、奥の工事中が中門

奈良県にある、現存する世界最古の木造建造物として有名な法隆寺。

日本最初の世界遺産の一つで、法隆寺に属する47棟と、法起寺三重塔で構成される。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

古都奈良の文化財が集まる奈良市から、車で約30分程行くと「法隆寺」です。世界遺産「古都奈良の文化財」とは別で、しかも日本…

12.古都京都の文化財

古都京都の文化財
金閣寺・二条城・平等院・銀閣寺

日本の各時代の建築様式や、庭園様式の代表にふさわしい寺、神社、城から構成される計17の遺産群。

千年以上、都であった歴史を持ち、今なお発展している、日本を代表する世界的な観光地。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

「そうだ、京都に行こう!」と決めたのは、オーストラリアの世界遺産ウルルに行った時でした。 ウルルの夜明けを見に行き、そこ…

13.明治日本の産業革命遺産
製鉄・製鋼、造船、石炭産業

明治日本の産業革命遺産
萩城下町・大板山たたら製鉄遺跡・旧グラバー住宅・三菱長崎造船所旧木型場

福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、山口、岩手、静岡の8県にまたがるシリアル・ノミネーション。

富岡製糸場に続く、明治時代の近代産業遺産で、構成資産は23件。

世界最速で近代化を遂げた、日本の産業革命の歴史を伝える貴重な遺産群。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

世界遺産、全部行ったら海賊王! 「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」(Sites of Japan’s…

14.長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産
出津教会堂・平戸の春日集落・原城跡・大浦天主堂

江戸~明治時代初期の250年以上も続いたキリスト教禁教政策の下、潜伏して信仰を伝えた信者の歴史遺産。

世界にも例がない大変貴重なものです。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

2018年の今年認定された最新世界遺産です。※シリアル・ノミネーション・サイトです。関連遺産を「潜伏キリシタン」に絞って…

15.白川郷・五箇山の合掌造り集落

白川郷(岐阜県白川村の萩町)、五箇山(富山県南砺市の相倉と菅沼)に残る合掌造りの集落。

独特の特徴を持つ重要な建築物群として高い価値があり、人が住む村落としては世界で3番目に早い登録。

16.紀伊山地の霊場と参詣道

和歌山、奈良、三重の三県にまたがる紀伊山地の霊場「吉野・大峰」「熊野三山」「高野山」とそれぞれを結ぶ「参詣道」で構成される。

スペインとフランスの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」と同様、珍しい道の世界遺産。

山岳信仰の聖地として、自然環境ともうまく共存しているので、日本ではじめて文化的景観が認められた。

紀伊山地の霊場と参詣道 記念貨幣セット
某ネットオークションで購入した世界遺産貨幣セット

17平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

平安時代末期、奥州藤原氏三代によって生み出された「浄土思想」の宇宙観に基づく「現世の仏国土(浄土)」の実現が、岩手県平泉にある寺院と景観。

4つの寺院と金鶏山の5つで構成されるが、さらに現在関連の5資産の追加登録を目指している。

18.富士山-信仰の対象と芸術の源泉(山梨県、静岡県)

間違いやすい人が多いのが、富士山。自然遺産ではなく、文化遺産。富士山域を中心に25の構成資産を持つ。

日本を代表する山であり、日本文化や芸術の重要なモチーフとしても別格の存在感を誇る。

ここは山頂まで登山してみましょう。

19. 百舌鳥・古市古墳群 (大阪府)

大阪にある世界最大級の墳墓「仁徳天皇陵古墳」(大山(だいせん)古墳)を含む「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」が、2019年に登録。

大阪府では初の登録で、天皇や皇族の墓として宮内庁が管理する「陵墓」の登録としても、今回が初。

産経ニュース

アゼルバイジャンの首都、バクーで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は6日、世界最大級の墳墓である「…

日本の世界自然遺産4件

20.屋久島(鹿児島県)

すでに2003年に訪問済みですが、縄文杉には行けなかったし、いい写真もないので、再訪します。

21.白神山地(青森県、秋田県)

22.知床(北海道)

23.小笠原諸島(東京都)

残り9件ですが、

8.ル・コルビュジエの建築作品は日本以外の16箇所
13.明治日本の産業革命遺産は残り約半分
14.長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産も残り約半分

これらもまだ残っています。

ここ最近は、毎年新たな世界遺産が日本に誕生しているので、まだまだ少しずつ増えていきそうです。

2022年くらいまでには、日本の世界遺産には全部行ってしまいましょう。
世界にはあと1000以上残ってますが…

to be continued…

世界最高峰へ

まだまだ「山」場が残っています。

富士山というリハーサルを終えたら、目指すは世界最高峰エベレスト。こちらは、「サガルマータ国立公園」という名の世界遺産です。

足腰のトレーニングと高山病対策が今後の課題ですが、このように目標が明確に定められていれば、自分が何をすべきかが見えてきます。

明確な目標設定というのは、一番重要なことです。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、日本列島