【世界遺産28-1】古都奈良の文化財1(奈良県)

世界遺産、全部行ったら海賊王!

古都奈良の文化財1(Historic Monuments of Ancient Nara1)
1998年登録

2018年9月11〜13日

前日の10日に奈良入りしましたが、同じ宿のドイツ人留学生と夜中まで話していたので、久々の英会話でした。エンジニアになるための勉強をしに半年日本に住んでいるので、多少日本語はわかります。

10日の昼は名古屋城に行きましたが、そのドイツ人も9日に名古屋城に行っていたそうです。次はニコに行きたい、と言っていたので、???となりましたが、日光のことでした。世界遺産「日光東照宮」です。

日本の世界遺産に詳しいと、外国人旅行者との会話のネタにもなります。

古都奈良の文化財の登録資産8件
  1. 元興寺
  2. 興福寺
  3. 東大寺
  4. 春日大社
  5. 春日山原始林
  6. 平城宮跡
  7. 唐招提寺
  8. 薬師寺

1日目

1.元興寺

昨日の雨も上がり、今日はまずまずの天気。やはり運がいい世界遺産マン、まずは元興寺へ。

元興寺 極楽坊本堂(中は撮影不可)

中に入ると、凄まじいエネルギーを感じます。1000年以上前の平安時代のものや、国宝の仏像などからは明らかに霊気を感じます。

そして奥には法輪館という展示室があり、平安〜江戸時代の発掘品や資料を見ることができます。ここの国宝の霊力もかなりの強さです。

2.興福寺

そして元興寺から歩いて北へ五分程行くと興福寺へ着きます。

興福寺 東金堂と五重塔

東金堂の横にあるのが国宝館ですが、これがまた凄いのが集まっています。前半のメインイベントです。写真は×です。

国宝館

いくつか仏像と話をした気分になり、奈良時代の情景を見た気分になりました。
最も有名なあの仏像、「阿修羅」もここにいます。

三重塔

北円堂

南円堂

中金堂は、2018年10月20日から公開予定です。ということはまた来ないと…なんと300年振りの復興だそうです。

3.東大寺

そして今回の奈良の旅、最も観光客が多かったのが東大寺です。奈良の大仏の寺なので当然と言えば当然か。修学旅行の学生も大量にいました。

東大寺南大門は、鹿と修学旅行生だらけでした。

大仏殿(東大寺金堂)

盧遮那大仏(本尊)

あまりのでかさに圧倒されます…

広目天像

法華堂(三月堂)

二月堂

4.春日大社

初日最後の訪問は、春日大社。ここだけ神社です。

遥拝所

神木が屋根を突き破っています。

美の巨人たちでもあってましたが、斜めの土地に建てられています。

春日大社 国宝殿

今回訪問の一週間前に、この25年で最強の台風が上陸したので、かなりの被害が出ております。

直後には北海道で震度7の大地震があり、西日本豪雨に続き、大災害が頻繁に起こりすぎです。

「春日大社」の鳥居は「日本三大鳥居(木造)」の一つです。他の二つは「厳島神社」と「気比神宮」

 

というわけで、若草山には登れません。いつごろ再開は不明です。

さて、時間的に厳しいと判断し、春日山原始林は今回パスしました。

春日山原始林は、奈良県奈良市の市街の東方に位置する原始林で約250haの広さがある。春日大社の神域として古より狩猟や伐採が禁止され、積極的な保護により原始性を保ってきた。

市街地(奈良市)に近接して原生林が存在することは極めて珍しく、学術上の価値も高いことから1924年(大正13年)に国の天然記念物に、1955年(昭和30年)2月に特別天然記念物に指定された。また春日山の照葉樹林は国の名勝にも指定されている。1998年(平成10年)12月には古都奈良の文化財の一部として世界遺産に登録された。(Wikipediaより)

つづく…

奈良の世界遺産

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です