フィリピンの世界遺産 6件 2018年

世界遺産、全部行ったら海賊王!

フィリピンの世界遺産6件

1.プエルト・プリンセサ地下川国立公園 ★クリア
2.コルディリェ−ラの棚田群 ★クリア
3.ビガンの歴史地区 ★クリア
4.フィリピンのバロック様式の教会群 ★クリア
5.トゥバッタハ岩礁自然公園
6.ハミギタン山岳地域野生動物保護区

世界遺産巡りを開始するにあたって、まずは言葉の壁を超えることに挑戦。

2014年秋にセブ島に2週間、2018年初めにセブ島に3ケ月の留学をしました。
詳しくは…

世界遺産全制覇に向けて、「英会話」習得というのは欠かせない重要な要素です。
世界遺産保有国の中には、英語圏ではない場所もたくさんありますが、そこはITに頼るとしましょう。

ネットの翻訳技術も進化していて、ソースネクストの「ポケトーク」は、かなり性能が良さそうなので、そのうち試してみましょう。

世界遺産マンとして必要な能力を考えました。

まずはこの3つ「英会話」「世界遺産検定」「護身術」は最低限必要だと考えています。もちろん能力以外にお金も必要ですが…

ということは「金を稼ぐ能力」と合わせて4つです。しかし、最も大事なのは、「お金」です!間違いない!

世界遺産検定は、1級に合格済みなので、次は「世界遺産マイスター試験を受けます。旅行業務取扱管理者(国家資格)を持っていれば「世界遺産スペシャリスト」になれるというのを聞いていましたが、2015年末に受付終了… 遅かったか…

マイスター試験の概要
論述形式で、3題120分の試験です。認定基準は非公開。受検者の3~5割が合格。年に2回(7月、12月)実施されており、受検後約1ヶ月で結果を確認できます。出題範囲は世界遺産全件です。

護身術は、いろいろな武術、格闘技を修行中です。いずれ「世界遺産マン道」を創始します。
018年は、英会話を人生で一番やった年だったと、後々語り継ぐことになるでしょう。

フィリピンの世界遺産は全部で6件。英会話留学中と留学後に訪問し、4件を制覇!全てセブ島から離れた所にあります。それぞれがすごく個性的な場所です。

フィリピンでは、パラワン島中部にある世界遺産「プエルト・プリンセサ地下川国立公園」に最初に行きました。その後パナイ島「ミアガオ」という所にある、「サント・トマス・デ・ビリャヌエバ教会」へ。

それから、ルソン島北部に行き、「コルディリェ−ラの棚田群」、
ビガンの歴史地区」 さらに「バロック様式教会群(4件)」の残り3つへ。

サン・アグスティン教会(マニラ)
サン・アグスティン教会(パオアイ)
ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン教会(サンタ・マリア)

棚田とビガンと3教会、この5件のルソン島にある遺産巡りは、1週間かけて行いました。

残りはこの2箇所です。

・トゥバッタハ岩礁自然公園
・ハミギタン山岳地域野生動物保護区

「ハミギタン」に関しては、場所がミンダナオ島で、「東ミンダナオ生物多様性回廊」の中にあります。ここは現在イスラム過激派組織が入り込んでいる場所で、戒厳令下にあります。当分近寄れそうにありません。

フィリピンで最も行きたい「トゥバッタハ岩礁自然公園」は、東南アジア最大級の珊瑚礁があるフィリピン唯一の国立海洋公園です。

トゥバッタハの美しい映像を発見したので、シェアします。

トゥバタハのあるパラワン島沖の「スールー海」に行く時は、せっかくなのでダイビングの資格を取ってから、他の海中世界遺産と一緒に回って、 水中撮影しようと思っていました。

しかし、フィリピンの後のオーストラリア留学後に、世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」に行くことになり、先にGBRデビューしてきました。

さて、世界遺産ではありませんが、セブ島のおすすめアクティビティ動画を発見しました。セブ島に旅行に来る方におすすめです。

特に1位の「オスロブ」は、世界最大の鮫「ジンベイザメ」と泳げるのが最大のウリです。

また再びセブ島には行きます。マニラは…う~ん、どうでしょう…

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です