世界遺産 全部行ったら 海賊王!

世界遺産18 「ビガン歴史地区」 フィリピンのスペイン

ビガンは、マニラから約400km北にある町です。1574年にスペイン統治下で建設され、商業や貿易の拠点として栄えました。

当時の名前は「シウダー・フェルナンディナ(Ciudad Fernandina)」。今も同名のホテルがあります 。

この時代の街並みは、スペイン、中国、南米などの影響を受けているそうです。

ユネスコに推薦された建造物は120棟あり、そのうちの101棟は「石の家」と呼ばれる住居です。

太平洋戦争の戦禍を逃れて奇跡的に当時の姿を残しています。

世界遺産、全部行ったら海賊王!

ビガン歴史地区(Historic City of Vigan)
1999年登録

2018年4月18~19日

二泊三日の「コルディリェーラの棚田群」の旅の後に、次の世界遺産「ビガン」を訪れました。

世界遺産マン道【 The Way of the World Heritage Man 】

首都マニラのあるフィリピン最大の島ルソン島。マニラから高速バスで約9時間。 コルディリェーラ山脈一帯に広がるのが、200…

予定より20分遅れの17:50にバナウェを出て、朝3:40に「バギオ」に到着。約10時間のバスの旅でした。

バギオでのバスの乗り換えが、唯一予約できないことだったので、今回のルソン島旅の山場です。

バギオは安全な街とはいえ、夜中にフィリピンを1人で歩くのは危険です。警戒しながら彷徨うこと40分。

…バスターミナルがどこかわかりません。SMモールの近くという情報しかなく、Googleマップも正確ではありません。

しかし、うろうろしたおかげで旨いハンバーガー屋を見つけ、朝食。その後、5時(AM)過ぎにようやくPartasバスのターミナルを発見しました。

しかし、ターミナルのトイレはひどかった。これまでで最もひどいです。

まず便座がありません。そして電気もない。日頃やっていたスクワットが役に立ちました。

旅人になるには「スクワット」は必須!

そしてバギオから再びバスで約6時間半、昼の12:30にビガンに到着。

予約したホテルがたまたまスペイン風の街並みの観光スポット、Crisologo(クリソロゴ) 通り内だったので、運がいいです。

Crisologo St. 超快晴!

馬が頑張ってます。

聖ポール大聖堂

ブルゴス国立博物館

夜も賑わってます

この3週間前にパラワン島で会ったフィリピン人が見せてくれた写真の街並みが目の前にあります。

そして翌日は、バンタイ教会、ベルタワーへ

Bantay Church あまり古くないようです

Bell Tower

1591年に建てられたので古いですが、人が多すぎて中には入らず。

ビガンは広くないので、一日あれば見るのには充分です。バナウェに比べるとアクセスも楽なので、フィリピン人観光客と観光客向けショップばかりです。

これまでフィリピンで長距離バスに合計27時間くらい乗っていたので、さすがに腰痛です。

それにしても乗るバス乗るバスで、Air Supplyの”Making Love Out Of Nothing At All”が流れていました。流行っているのか?

他にも80年代のAORやBon joviの曲が多かったです。
AORとは、Adult-Oriented Rockの略らしいです。詳しくはwebで…

この後は南下し、サンタマリアの教会へ。4つの教会群の3つ目です。

世界遺産マン道【 The Way of the World Heritage Man 】

16世紀、フィリピンがスペインの統治下にあった時代に建てられた4つの教会。 4つの教会ともヨーロッパの「バロック建築」の…

迷わず行けよ、行けばわかるさ世界遺産