初心と目標

世界遺産、全部行ったら海賊王!

2018年、半年間の海外滞在から帰国した後、もう一度初心に戻ってみました。
2014年のある出会いから、今につながっています。

2014年、セブ島留学

2014年9月にフィリピンのセブ島に2週間、英会話留学をしました。アメリカ以外では初の海外滞在でした。

マクタン島の学校の窓から…牛がのんびり歩くのどかな場所です。

時期が9月というのもあって、春休みのように学生が多いということもなく、年上の方も結構いました。最高齢はなんと74歳。

同じ日に入学した74歳の男性は、何度目かの留学のようでした。さすがになかなか話せるようにはならないと言いつつも、毎朝”Good Morning ! “と日本人発音で元気に挨拶していました。

最初は、明るい変なおじさんという印象でしたが、留学1週間後、なぜか学校にその方のポスターが貼られていました。経営セミナーをやるというポスターで、変なおじさんの正体は「経営コンサルタント」だったのです。

変なおじさんの正体

ちょっと興味があるので、そのセミナーに参加したことが、実は世界遺産マン誕生にも大きく影響しています。

その方は、木村勝男さんという方でした。全く知りませんでしたが、相当な大物経営者で、230億円の借金を返済し、多くの経営者を育てている方でした。著書もあり、何冊か買って読んでみました。

あれから4年、お会いしていなかったので、大阪まで会いに行こうと思っていました。しかし、木村さんは7月にお亡くなりになっていました。自分がデンバーから成田に帰国する1日前に…

英会話学校の社長のブログ

たったの2回しかお会いしてませんが、面白い人でした。2015年の3月に福岡でのセミナーに参加した時、「世界遺産は何箇所行ったか?」と聞かれたので、まだ0です…と答えました。

「早く行かんといかんぞ~」と言われたのを覚えています。そして、その年の秋にロンドンに行きました。

2018年10月現在、32箇所の世界遺産に行きました。まだまだこれから、始まったばかりです。たった2回の出会いでしたが、一生忘れることはないでしょう。

木村勝男さん、ありがとうございました!

「世界遺産」巡りへ

2017年4月28日

テレビで、話題の「iPS細胞」についての話がありました。詳しくは知りませんでしたが、簡単に言うと細胞の初期化をして、万能細胞を作り出すといったようなことです。パソコンの初期化みたいなものですかね?

それとつなげて、初心に返る(帰る)というわけですが、世界遺産巡りに辿り着いたのは、2014年9月のことです。が、もともとはそのずっと前から、世界を旅したいという漠然とした想いは常にありました。

最初のきっかけは、中学一年生の社会、地理の授業で、世界についての勉強をしたことだったような気がします。

世界旅行と言えば、「世界一周」がありますが、じゃあ一周すればいいのか?というと、個人的には一周することにはあまり興味がありません。

もちろん、それはそれで素晴らしいのですが、一周ではなくていろいろな所に行きたいわけです。とはいっても、日本だけでも名所と呼ばれる場所は、ものすごい数があります。

セブ島に行った時に、初めて世界遺産というものの存在を知りました。いろいろ検索していて見つけたような気がします。

そこで、世界遺産巡りを選択してみました。これで数十万箇所の名所や絶景が、約1000箇所(2014年時)に絞られました。後から知ることになりますが、実際は1件1箇所ではありません。

そしてその後、世界遺産検定を知り、受験。

まずは、世界遺産に自分で行って目で見て、感じる。世界遺産検定の勉強だけでも、歴史や、宗教、民族、文明、国際情勢などにかなり詳しくなれます。それをさらに現場に行って、体感する。そして、これを多くの人に伝え、共有する。

イスラム国の奴らが、パルミラ神殿などを破壊したり、シリア他、危機遺産も急激に増えています。世界遺産を知り、保護することは、紛争の解決、他の宗教を認める、地球環境の保護、歴史から人類の未来について学ぶ、など、いろいろとつながることがあります。

World Heritage  → Change the world

さて、2014年には、英会話プチ留学で、フィリピンの「セブ島」に行きました。最初、英会話留学で検索すると、フィリピンとフィジーがヒットしました。

どちらも魅力があり、結構悩みました。フィジーはどこにあるかわからない南国の島のイメージでしたが、最終的にはセブ島になりました。

遡ること約15年以上前…時は20世紀末、ある日本屋で「ブルース・リー」の本に出会い、その武術と哲学に感動したので、彼の創始した「截拳道(ジークンドー)」を始めました。

アメリカに行ったのもブルース・リー先生の弟子である「ダン・イノサント」先生の「イノサント・アカデミー」に行ってジークンドーをするためでした。

その時、同時並行したのが、フィリピン武術の「カリ」でした。カリもずっと続けているので、それもできるということで、フィリピンに行こうと思ったわけです。

フィリピンにもいろいろな場所がありますが、セブ島はフィリピン武術エスクリマ発祥の地で、多くのエスクリマのマスターたちがアメリカに渡り、カリになったとも言われています。

またセブ島には、フィリピン武術の生きる伝説と呼ばれた「カコイ・カニエテ」先生がいたので、セブ島になりました。こうした流れからセブ島留学が決まったわけです。

カコイ・カニエテ先生(当時95歳)とお会いした「カコイ・ドセ・パレス

セブ島には2週間滞在して、毎日8時間の授業と、2〜4時間の宿題、自習、予習をこなしていました。マクタン島というリゾート島でしたが、学校はジャングルのようなところにあり、誘惑がないので勉強に集中できました。

ある日、同じ日に入学した70歳の男性が何やら経営セミナーをやるというので、行ってみました。全くその人のことを知らずにたまたま行ったのですが、そのセミナーの参加者は、それが目的で来ていたようです。

いろいろとその方のプロフィールが出て、セミナーが始まり、相当な大物経営者だとわかりました。その方との会話の中で、今後の人生目標が何かを考え、出た答えが…

世界遺産全制覇

だったわけです。その方の著書はこちら。迷わず読めよ、読めばわかるさ。

 

こうして世界遺産巡りがだんだんと現実味を帯び、その後、世界遺産マンが誕生することになるのです。セブ島はある意味、世界遺産マン誕生の地でもあります。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です