世界遺産1 「キュー・ガーデンズ」 世界最大の植物園

世界遺産、全部行ったら海賊王!

福岡からタイのバンコクを経由してロンドンの「ヒースロー国際空港」へ。初めてのヨーロッパです。「キュー王立植物園」は、ヒースロー空港から、ロンドン都心部に地下鉄で行く途中にあります。

キュー・ガーデンズ=キューの王立植物園
(Royal Botanic Gardens, Kew)
2003年登録

2015年9月18日

一番最初に訪れた海外の世界遺産です。全てはここから始まったといえます。

まずは、ロンドンにある4つの世界遺産を回るために地下鉄の1週間フリーチケットを購入しました。今回はこれが一番お得のようでした。英語はあまり通じませんでしたが、なんとか買えました。

そして地下鉄で「キュー・ガーデンズ駅」へ。

Kew Gardens 駅

SIMフリーiPhone6の海外デビューです。空港でSIMを購入。30ポンド(当時のレートで約5900円)でした。撮影も地図も困った時の英語検索も、全部スマホがあればできるので必需品です。旅をするには本当に便利でいい時代になりました。

しかし、この2015年というのは「ブレクジット」前で、まだイギリスがEUに加盟している時でした。そのため円とポンドのレートが、1ポンド190円前後だったため、非常に高い旅となりました。

地下鉄を使えば、4つの世界遺産はあっさり行けます。極度の方向音痴の世界遺産マンもちゃんとたどり着けました。歩くときはGoogleマップが欠かせません。

入口でチケットを購入して入場。15ポンドです。(2015年当時)

キューガーデンズは、1759年にイギリス王室のジョージ三世の母親「オーガスタ王太子妃」が作らせたという世界最大規模の植物園です。面積は121万㎡(東京ドーム25個分くらい)です。

1840年に王立植物園となり、世界の植物研究の先導的な役割を果たしました。世界中から集められた植物の数は、4万種類以上!植物標本の数はなんと700万点以上!誰が数えたんだ?

あまりに広いので、園内を効率的に回れる有料のトレイン(Kew Explorer land train)もありますが、世界遺産マンは歩くのが好きなので乗ってません。

全部見て回るなら、一日はかかるでしょう。滞在時間が2時間しかなかったので、主要な建物を優先して行きました。

ナッシュ・コンサバトリー(Nash Conservatory)
キューガーデンズの19世紀の温室の中でも最も古いもので、元々は「バッキンガム宮殿」の敷地内に建てられていたものを1836年に移築したそうです。ジョン・ナッシュが設計し、建築家のジェフリー・ワイヤットビルが改装したものです。

現在はイベント会場として結婚式などに使われているようです。

英国王室最小の宮殿「キューパレス」
1631年、オランダ商人によって建造、1729年にイギリス王室所有に。
18世紀末頃、ジョージ三世の療養のために使われたことでも有名です。

オランジェリーレストラン(Orangery Restaurant)
1761年に柑橘系植物の展示室として建築され、現在はレストランとして使われています。

鳥たちもたくさんウロウロしています。天気のいい日は、散歩や日向ぼっこにも最適の場所です。

プリンセスオブウェールズの温室(Princess of Wales Conservatory)
最も重要な見どころの一つ。1987年に「ダイアナ妃」がオープンさせた温室。Princess of Walesは、ジョージ三世の母親「オーガスタ王太子妃」を指し、妃の尽力を記念して建設されたそうです。

ここは一番時間をかけて見て回りました。10の気候ゾーンに分かれたとても広い温室です。

ここはサボテンの、サボテンによる、サボテンのための温室のようでした。
とにかくサボテンがいっぱい。サボテンマニアはぜひ行ってみましょう。

パームハウスとローズガーデン
1844~48年にかけて造られた曲線的な外観が特徴のガラス製の巨大温室です。ヴィクトリア朝時代のままの美しさを保っています。パームツリー(ヤシの木)をはじめ、コーヒーなどの世界中から集められた熱帯植物が大陸別に植えられています。

この建物は何だっけ…??

ここは改装中でした

なんと日本庭園もあります。

石灯籠が佇んでいます。これだけ見ると全くロンドンにいるとは思えません。

京都西本願寺勅使門(Japanese Gateway)
なぜこれがここにあるのかは全くの謎でしたが、1910年の日英博覧会の時、4/5サイズで複製したらしいです。2018年9月に行った本家、西本願寺の勅使門(唐門)は、2022年3月まで修復工事中でした。詳しくは↓

パゴタ
1762年に建設された高さ約50メートルの中国の仏塔。イギリス建築史に残るウィリアム・チェンバーズの設計。

この時は入れませんでしたが、2018年には修復完了予定で、タワーからロンドン市内が一望できるようになるそうです。

世界遺産全部見終わったら、またゆっくり来てみたいところです。2050年頃になりそうだな…

そして翌日は丸一日大英博物館へ。2日後に次の世界遺産グリニッジへ向かいました。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です