イタリアの世界遺産55件 保有数No.1の世界遺産王国!

イタ―リア!かつて大帝国があったこの地は、現在世界遺産王国として知られています。

世界遺産数は、イタリアが1位キープのままですが、2019年、ついに中国も55件になり並びました!イタリアと中国が、同数で、1位です。

最多世界遺産保有国イタリア

イタリア Italy
長靴形が特徴のイタリア

2018年夏、英会話留学から帰国後、イタリア政府観光局(ENIT)の知人を介して、情報収集し、訪問計画を立てていました。

目的地はイタリアの首都ローマ。古代ローマ帝国の遺跡が数多く残された、世界でもトップクラスの世界遺産だと思います。

一気に全部回るのは多すぎるので、一度帰国したりして何度かに分けないと、体と精神力が持たないでしょう。

世界遺産、全部行ったら海賊王!

ローマ帝国関連遺跡をこの目で見るために、2018年12月にイタリアを訪問し、ローマとティヴォリに半月滞在しました。

ローマ帝国上陸!

ローマと言えば、「ローマの休日」「ローマ字」「ローマは一日にして成らず」など、何かと耳にするワードです。

さて、初のイタリア上陸時には、福岡―上海―パリ―ローマ、という航空チケットで行きました。

パリの乗り換えで約7時間あったので、世界遺産「パリのセーヌ河岸」の一部を下見しておこうと計画。

フランスも初上陸なので、いろいろとシュミレーションしていましたが、ここで人生初のトラブルに…

詳しくは、

イタリア初上陸の時に訪れたもう一つの場所「ティヴォリ」は、ローマから約25km、電車で1時間くらいのところにある静かな町です。

ここには2つの世界遺産があります。

ティヴォリ エステ家別荘
ティヴォリのエステ家別荘からの眺め

ローマには魅力的なところが多かったのですが、世界遺産に絞って3件訪問し、さらに当初の予定通り、「ヴァチカン市国」にもクリスマス当日に行けました。

ヴァチカン市国 サン・ピエトロ広場
ヴァチカン市国 サン・ピエトロ大聖堂より

ヴァチカン(バチカン)は「カトリック」の総本山であり、一つの国です。

本当は暖かい時に行くつもりでしたが、せっかくなので、クリスマスに行こうということで、12月の訪問となりました。

そしてイタリアの世界遺産、あまりにも多いのでナンバリングしました(変わることもあります)。

イタリアの世界遺産リスト

1~48、54、55が「文化遺産」、49~53が「自然遺産」です。「複合遺産」は今のところありません。

※2018年に54が、2019年に55が追加されました。

  1. ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂 ★クリア
  2. ティヴォリのエステ家別荘 ★クリア
  3. ヴィッラ・アドリアーナ (ティヴォリのハドリアヌス別荘) ★クリア
  4. フィレンツェ歴史地区
  5. ヴェネツィアとその潟
  6. ピサのドゥオモ広場
  7. サン・ジミニャーノ歴史地区
  8. マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園
  9. ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオのヴィッラ
  10. シエーナ歴史地区
  11. ナポリ歴史地区
  12. クレスピ・ダッダ
  13. フェラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯
  14. カステル・デル・モンテ
  15. アルベロベッロのトゥルッリ
  16. ラヴェンナの初期キリスト教建築物群
  17. ピエンツァ市街の歴史地区
  18. カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョの邸宅群
  19. サヴォイア王家の王宮群
  20. パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)
  21. ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群(パルマリア島、ティーノ島、ティネット島)
  22. モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカとグランデ広場
  23. ポンペイ、ヘルクラネウム及びトッレ・アンヌンツィアータの遺跡地域
  24. アマルフィ海岸
  25. アグリジェントの考古的地域
  26. ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ
  27. スー・ヌラージ・ディ・バルーミニ
  28. アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカ
  29. ウルビーノ歴史地区
  30. パエストゥムとヴェーリアの考古遺跡群やパドゥーラのカルトゥジオ修道院を含むチレントおよびヴァッロ・ディ・ディアーノ国立公園
  31. レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院
  32. ヴェローナ市街
  33. アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群
  34. ヴァルカモニカの岩絵群
  35. ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々
  36. ピエモンテ州とロンバルディア州のサクリ・モンティ
  37. ヴァル・ドルチャ
  38. チェルヴェーテリとタルクイーニアのエトルリア墓地遺跡群
  39. シラクサとパンターリカの岩壁墓地遺跡
  40. ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度
  41. レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(スイスと共有)
  42. マントヴァとサッビオネータ
  43. イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡 (568-774年)
  44. アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(ほか5か国と共有)
  45. トスカーナ地方のメディチ家の邸宅群と庭園群
  46. ピエモンテのブドウ畑の景観:ランゲ=ロエーロとモンフェッラート
  47. パレルモのアラブ=ノルマン様式建造物群およびチェファル大聖堂、モンレアーレ大聖堂
  48. 16世紀から17世紀のヴェネツィアの防衛施設群:スタート・ダ・テッラと西スタート・ダ・マール(ほか2か国と共有)
  49. エオリア諸島
  50. ドロミーティ
  51. サン・ジョルジョ山(スイスと共有)
  52. エトナ山
  53. カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林(ほか11か国と共有)
  54. イヴレーア、20世紀の産業都市
  55. コネリアーノとヴァルドッビアーデネのプロセッコ栽培丘陵群

2019年登録:「 コネリアーノとヴァルドッビアーデネのプロセッコ栽培丘陵群 」(文化遺産)

ヴェネツィア(ベネチア)の北にある「コネリアーノ」と「ヴァルドッビアーデネ」は、共にイタリアワインの生産地として有名です。

「グレーラ種」というブドウから造られるスパークリングワイン「プロセッコ」が生産されています。

スパークリングワインは好きなので、これは飲んでみたい。それも現地で。ヴェネツィアの北だな…

2018年登録:「イヴレーア、20世紀の産業都市」(文化遺産)

イタリア、ピエモンテ州の「イヴレーア」は、ドーラ・バルテア川を挟んだ旧市街(ローマ時代~近世の街並み)と新市街(工場を中心とした産業都市)が登録されています。

1908年に設立されたオリベッティ社が、戦前のイタリアの産業と、戦後の復興の中心となり、その構成資産の多くは、20世紀を代表する工業都市モデルとして評価されました。

オリベッティ社と言えば、タイプライターで有名な会社です。アンティーク系の仕事をしている時によく扱いました。

残り52件になった…

イタリア語も少しずつ習得し、挨拶ぐらいはできるようになりましたが、だいぶ忘れています。

次に行く時は、もう少し話せるようになっておきましょう。おそらく次回訪問時には20件程一気に行く予定です。

初のイタリア訪問時には、イタリア政府観光局 ENITに大変お世話になりました。ありがとうございました。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、イターリア!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です