世界遺産36 ティヴォリのエステ家別荘は「噴水王」邸

世界遺産、全部行ったら海賊王!

ティヴォリのエステ家別荘(Villa d’Este,Tivoli)
2001年登録

2018年12月23日

16世紀半ば、枢機卿イッポリート・デステが、ベネディクト会の修道院だった建物を建築家ピッロ・リゴーリオに改装させた、広大な庭園を持つ邸宅。

まず、テルミニ駅からメトロBで、ティブルティナ駅へ行き、そこからティボリ駅へかなりでかいティブルティナ駅を彷徨い、なんとか間違わずにティボリへ。

テルミニ駅からだと1時間くらいなので、すぐ着きます。エステ家別荘は、ティボリ駅から歩いて10分くらいですが、この日は雨のため翌日に延期。

早朝からハドリアヌスの別荘の方に歩いて行き、戻ってからエステ家別荘へ。「ハドリアヌスの別荘=ヴィッラ・アドリアーナ」までは歩いて往復1時間半くらいです。

バスもありますが、わかりにくいし、本数も少ないので帰りも歩いて戻りました。帰りは登り坂で、気温も冬なのに15℃以上あったので、汗だくになり最後はTシャツ1枚でした。

そして着いたエステ家別荘。

入口で出口。入場料は10€。

外の広場には変なオブジェが。

世界遺産の証

ここのメインは別荘より庭園と噴水です。イタリア式庭園の傑作と言われ、500以上の噴水があります。

邸宅内にも噴水が!どんだけ噴水好きなのか…

16世紀のローマ派の画家たちによるフレスコ画。部屋数も多く、さすがは貴族の別荘。

カップル(多分イタリア人)に撮影を頼まれたので、快く撮影。この2人とは何度もすれ違いました。

庭園側からのエステ家別荘。大邸宅です。

楕円の噴水…別名ヴィーナスの噴水、またはティヴォリの噴水。

百の噴水

約100mの噴水ストリート。エステ家の紋章の鷲の像もいくつかあります。

趣味がいいのか悪いのかは、見る人次第です。

以下同文…

計算された作りです。昔の建築技術というのは、本当にすごいと思います。

ロメッタの噴水

古代ローマの町並みを再現した噴水。

ドラゴンの噴水

ここはタイガーマスクで撮影し、龍虎の競演。もう少し迫力があれば…

雨の日の翌日だったので、石畳や石の階段はスリップ注意。

ペスキエーレ(養魚場)

ここをまっすぐ進むと、エステ家別荘の噴水のメインでもある大噴水へ。

ネットゥーノの噴水

間違いなく、この中ではここが一番の場所でしょう。ナポリ近くにある「カゼルタの王宮(世界遺産)」の噴水のモデルとも言われているようです。

ここでまたさっきから何度もすれ違ったカップルと再会。そして男の方がもう一度撮影をお願いしに来ました。

なんと今度は、噴水の前でプロポーズするから、ビデオを撮ってくれとのお願いでした!

2人の若いカップルの人生の最高の瞬間の撮影を、世界遺産マンが託されたのであります。

もちろんいい仕事しました。タイミングよく誰もいなかったので、男が跪いて指輪を渡すシーンを撮影。

こちらも一生忘れない思い出となりました。お幸せに!

婚約おめでとう!

いい仕事しました!

オルガンの噴水

ネットゥーノの上にあるのがオルガンの噴水。プロポーズ撮影中にちょうど鳴ってましたが、噴水の音でかすかにしか聞こえず…

上に上がった時には終わってしまったので、間近では聴けませんでした。2時間おきの演奏なので、待てません。

メタの噴水

アルテミス、母なる神の噴水

約1時間半で全部周りました。ハドリアヌスの別荘に比べると小さいとは言え、階段がかなりあります。

ティボリの2つの世界遺産は、1日あれば、2つとも行けます。歩いた距離は全部で18km。

そしてティボリを後にして、ローマのテルミニ駅へ帰還。

ティボリは、古いイタリアの町並みで、あまり英語も通じず、迷路のような町で、最初は戸惑いましたが、観光客が多すぎるローマと違って落ち着いたいい町でした。

ローマに比べるとだいぶきれいでした。石畳などは同じなので、靴やキャリーバッグの選択には気を付けましょう。

帰りはテルミニ駅まで直通で35分。ローマからすぐに行ける2つの世界遺産です。これでイタリアの4件を制覇!

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です