世界遺産35 「ティヴォリのハドリアヌス別荘」 廃墟へGO!

世界遺産、全部行ったら海賊王!

ローマ帝国の領土を視察して回った「ハドリアヌス帝」が、旅先で見た美しい景観や建物を再現して作った別荘。イタリア統一後に、本格的な発掘が開始され、現在も大規模な修復作業中です。

ティヴォリのハドリアヌス別荘(Villa Adriana)
1999年登録

2018年12月23日

ローマの中心地テルミニ駅から、ティヴォリ駅までは約30km。1泊2日の予定で来ましたが、ティヴォリに着いた日は雨だったので、世界遺産の2つの別荘は、翌日に行くことにしました。

ティヴォリ駅

ここから「ヴィッラ・アドリアーナ」までは約5km。前日にバス停の下見をしたのですが、どこにバス停があるか全然わかりませんでした。

Villa of Manlio Vopisco

宿に行く途中に見つけた「Villa of Manlio Vopisco」は、ここはここでかなり見所の多い観光名所のようでした。しかし、世界遺産優先のためパス…

バス停は、宿のおばあちゃんが教えてくれたので、当日は見つけましたが、40分待ち…

結局歩いて行くことにしました。いいウォーキングです。実際は4.5kmくらいだったので45分程で着きました。

そして昨日とはうって変わって超快晴!気温は15℃!

ハドリアヌス別荘(Villa Adriana)

10€でチケットを買って入場。客が誰もいません…

しばらく歩いて行くと、ようやく客がいました。しかし、それにしても人が少ない…ということは、撮影しやすいのであります。

世界遺産の紋章が!マンホールではない。
ポイキレ入口

ポイキレ」と呼ばれる水面の美しい庭園を囲むこの列柱廊の壁の遺跡は、近代建築界の巨匠「ル・コルビュジエ」も訪問時にスケッチし、インスピレーションを得たと言われています。

ポイキレ (Pecile)

落ち着いてのんびりできる平和な場所ですが、今日中にエステ家別荘にも行き、再びローマに戻るので、先へ進む。

スリーエクセドラ(Edificio con Tre Esedra)

プレトリオ(貯蔵庫)

大テルメ(大浴場)

大テルメ(大浴場)

カノプス

ハドリアヌス帝が寵愛し、エジプトで没した美少年アンティノウスを偲んで造られた。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 34D2FE5D-B372-486F-A173-55544052B442.jpeg です

セラーピス神殿

黄金広場

ドーリス式付け柱の間

皇帝の宮殿跡

海の劇場「島のヴィッラ」

哲学者の間

ホスピタリア

ヴィーナスの小神殿

ヴィーナスの小神殿がどこにあるかわからず、かなり彷徨い歩きました。

予定より少し伸び、2時間50分の滞在でした。かなりの広さですが、廃墟マニアにはたまらない空間と言えるでしょう。

そして再び歩いて、ティヴォリの町へ戻り、エステ家別荘へ。帰りは多少近くなりました。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です