世界遺産34 ヴァチカン市国はカトリックの総本山

世界遺産、全部行ったら海賊王!

ヴァチカン市国(Vatican City)
1984年登録

ローマ法王が11月来日!

ローマ法王が11月来日 故ヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり2度目」というニュースが配信されました。

ローマ法王の謁見は、毎週水曜日の朝に行われていますが、滞在時はすでに予約がいっぱいで、できませんでした。

2018年12月19〜30日

イタリアの首都ローマのすぐ西にあるのが「ヴァチカン市国」というローマ法王を国家元首とする世界最小の独立国であり、カトリック教会の中枢です。さらに国全体が世界遺産登録されている唯一の場所です。

ヴァティカン、バチカン、バティカンなど、いろいろな呼ばれ方をしていますが、「ヴァチカン」で統一します。

イタリア内にある独立国と言っても、入国にパスポートは不要です。入国審査もありません。

「ヴァチカン」の語源は、「バティシニア(預言)」と言われており、カトリック教会では、イエス・キリストの12使徒のリーダー格であったペトロを「初代ローマ教皇」としています。

イエスからペトロに与えられた「天国の鍵」を、ローマ教皇が継承したとみなすからです。そしてこのヴァチカンは、そのペトロの殉教の地…

国全体が世界遺産なので、見どころは全てですが、その中でも行くべき箇所を絞りました。

ヴァチカン市国

1.ヴァチカン博物館(ヴァチカン宮殿内)
2.システィーナ礼拝堂(ヴァチカン博物館内)
3.サン・ピエトロ広場

四大バシリカ
4.サン・ピエトロ大聖堂
5.サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
6.サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂
7.サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(城壁外)

今回も「地球の歩き方」に大変お世話になりました。情報量が多いのにコンパクトにまとめられています。

1.ヴァチカン博物館(Musei Vaticani)

歴代法王による世界有数の博物館。迷路のような見学コースの全長は約7km!総面積42000㎡。ゆっくり見れば、丸一日かかります。入館料は€17。

中にはカフェやレストランもあるので、時間があれば一日かけて見てみましょう。かなり複雑なので、「地球の歩き方」に掲載のコースを参照。

早朝から行列でしたが、すでにJapanでネット予約をしていたので、並ばずに入場。9時オープンなのに、8時半前に行っても入れました。

ネット予約した上での早朝来場が、絶対におすすめです!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は rome021.jpg です

しかし入口はこんな感じで、どちらかと言うと全然目立ちません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は rome022.jpg です

こちらは出口。出口の方がよっぽどかっこいい…

中に入ったら、予約メールに付いているQRコードをスマホに表示し、上の機械にかざしてチケットを出します。時代はITなのです。

チケットを受付で渡してようやく入場です。そのうち受付がロボットになるでしょう。

入口を入ってすぐに、なぜか琴を弾いている日本女性の写真が…?まわりの展示物とも関連がなく、全く意味がわかりません。誰か謎を解いて下さい。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は rome023.jpg です

エジプト美術館

ヴァチカン美術館内に、いくつかの美術館があります。まずはエジプト美術館。1839年、グレゴリウス15世が創設。

定番のエジプト発掘品の数々。ロンドンの大英博物館と比べたらかなり小規模ですが、バラエティに富んでいます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は FB521142-8483-4DAC-B279-5E4D659398B0.jpeg です

猫好きが大喜びしそうな猫だらけの展示。全員が同じポーズです。

キアラモンティ美術館 アテネ女神頭部像

ピオ・クレメンティーノ美術館内 ベルヴェデーレの中庭

ピオ・クレメンティーノ美術館内 ベルヴェデーレの中庭
「ベルヴェデーレのアポロ」

ピオ・クレメンティーノ美術館

ヴァチカン所蔵のギリシャ・ローマ時代の作品の中でも傑作を集めた美術館です。

ピーニャの中庭

松ぼっくりの両側にある2羽の青銅のクジャクはコピー。オリジナルは2世紀の作品で、新回廊(ブラッチョ・ヌオーヴォ)に展示されています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は C3CCEC88-9369-45CE-870A-B5892A026E7C.jpeg です

ピーニャの中庭 球の中の球(1990)

アルナルド・ポモドーロ作。直径4mの現代オブジェ。鳥がグッジョブ!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 6998F58C-2D76-4C36-A89A-9CEB95DC42E7.jpeg です

新回廊(Braccio Nuovo)10:30オープン

1822年開館。「ブラッチョ・ヌオーヴォ」と呼ばれ、オリジナルのギリシア彫刻をローマ時代に模刻した作品をコレクションしています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 4432ED2C-305C-4312-94A7-A5BEDF4D688B.jpeg です

プリマ・ポルタのアウグストゥス像

1863年にアウグストゥス帝の妃リヴィアのヴィッラからから発見。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 8F33A123-47EE-4B6F-95C6-775F3469C7BE.jpeg です

ハドリアヌス帝霊廟(サンタンジェロ城)より出土したと思われる金張りのブロンズ孔雀像。

Pinacoteca(ピナコテーカ  絵画館)

第8室、ラファエロ作品、左から「フォリーニョの聖母」「キリストの変容」「聖母戴冠」

Pinacoteca(ピナコテーカ 絵画館)

第9室、レオナルド・ダ・ヴィンチ未完の作品「聖ヒエロニムス」

ラファエロの間(Stanze di Raffaello)

第3室、署名の間の作品「聖体の論議(Disputa del Santissimo Sacrament)

総滞在時間は8時間。複雑な作りなので、かなり迷います。最後は外に出るつもりがないのに出てしまい、戻れませんでした。…出口に注意!

2.システィーナ礼拝堂(Cappella Sistina)

ヴァチカン美術館の最高傑作で、法王選挙(コンクラーベ)の開催場所。「法王の根競べ」とはいとをかし。ミケランジェロの天井画(Affreschi de Michelangelo)はルネサンス芸術の最高傑作と言われているようですが、

写真撮影は不可!

しかし、係員が撮るなと言っても撮るアホは多数いました。というわけで、写真はありません。

3.サン・ピエトロ広場(Piazza San Pietro)

バロックの巨匠ベルニーニ作で、30万人を収容できる壮大な広場。中心に立つオベリスクは、1世紀にエジプトから運ばれたもの。

大聖堂に近い台形の部分は、ミケランジェロ設計のカンピドーリオを手本にしています。

美しい石畳が広がります。ローマの街は石畳が多いので、歩くときはハイヒールや、タイヤの弱いキャリーバッグは、壊れる可能性があります。要注意!

サン・ピエトロ大聖堂のクーポラからのサン・ピエトロ広場

2018年12月25日クリスマスのサン・ピエトロ広場…予想通りとはいえ、ものすごい数の人…

今回のローマ旅のテーマの一つ「クリスマスの日にカトリックの総本山ヴァチカンに行く」は見事に達成できました。

そして「四大バシリカ」へ

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

2 Comments
  1. アバター 2018年12月20日
    • WHman 2018年12月21日

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です