世界遺産34 「バチカン市国」 四大バシリカ

世界最小で、国全体が世界遺産という世界唯一の場所が「バチカン市国」です。

バチカン市国内の「サン・ピエトロ大聖堂」と、その外にある教皇領の3つの大聖堂を合わせて四大バシリカ(バジリカ)と呼びます。

(※「バシリカ」はラテン語、英語発音で、「バジリカ」はイタリア語、フランス語発音です。表記はごっちゃになってます。)

キリスト教カトリックの最高指導者である、ローマ法王フランシスコが、2019年11月23~26日、日本を訪問します。

ローマ法王の来日は、1981年のヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりです。

ローマ法王→ローマ教皇

2019年11月20日

日本政府は、フランシスコ法王の来日に合わせて、今後は呼称を「教皇」に変更すると発表しました。

外務省によると、カトリックの関係者をはじめ、一般的に「教皇」を用いる例が多く、法王が国家元首のバチカンに、教皇という表現の使用について、問題がないことが確認できたためとのことです。

今回の来日中は、被爆地である広島と長崎を訪問し、平和のメッセージを発信し、東京では東日本大震災の被災者と面会するとのことです。

ローマ法王は、アジア重視の姿勢を鮮明にしており、カトリック教会の総本山であるバチカンの外交でも、今回の来日は重要な意味を持っています。

日本にとっても、国際政治での影響力が、極めて大きいバチカンとの距離を近づける絶好の機会となりそうです。

世界遺産、全部行ったら海賊王!

バチカン市国(Vatican City)
1984年登録

2018年12月19〜30日

バチカン市国

1.バチカン博物館(バチカン宮殿内)
2.システィーナ礼拝堂(バチカン博物館内)
3.サン・ピエトロ広場

四大バシリカ
4.サン・ピエトロ大聖堂
5.サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
6.サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂
7.サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂(城壁外)

↑1~3はこちら

四大バシリカ

バシリカ(Basilica)とは?

もともとは、古代ローマでの1つの建築様式のことで、古代ギリシャ建築の影響を受けているようです。

それが、キリスト教の布教とともに教会堂建築に利用されたので、教会(大聖堂)を指す言葉にもなっています。

4.サン・ピエトロ大聖堂(Basilica di San Pietro)

世界遺産バチカン市国 サンピエトロ大聖堂
12月に来たので、広場には巨大なクリスマスツリーが!

「サン・ピエトロ大聖堂」は、聖ペトロの殉教地で、世界中に10億人の信者がいると言われる「カトリック教会の総本山」。そして世界最大級の教会です。

1515年、サン・ピエトロ大聖堂の再建築資金集めの名目で発売された「免罪符」が、「宗教改革」のきっかけとなったのは世界史で学んだはずですが、行ってからより詳しく知りました。

宗教改革についてはこちら

世界遺産バチカン市国 サンピエトロ大聖堂
比較的人が少ない時の大聖堂の写真

しかし、マスクで撮影中、警備の警察がずっとこっちを見ていました。決して怪しい者ではございませんっ!

ここには何度も来たので、よく時報の鐘の音を聴きました。しかし、12時の鐘の音は、なぜか7分くらい鳴り響いていました…

世界遺産バチカン市国 夜のサンピエトロ大聖堂
夜の大聖堂。電気代が相当高そうです…

クリスマス当日には、もの凄い数の人々が世界中から集まります。

そして「バチカン博物館」に行った日の翌日、超快晴の日に大聖堂内部に潜入!

サンピエトロ大聖堂入口
セキュリティは空港並み…

まずは入場です。朝8:40に来たので、まだ参拝者はだいぶ少なめです。これが夕方頃になると、数百人の行列ができているのです…

空港と同じような機械で、荷物チェックをして中に入ります。「サン・ピエトロ大聖堂」は当然として、他の大聖堂も周辺では武装軍人が厳重に警戒しています。奇特な行動はしないように。

これまでに行った海外の要所では、だいたいマシンガンを持った警察や軍人が警備していました。いなかったのは、日本とオーストラリアくらいです…

サンピエトロ大聖堂入口
サン・ピエトロ大聖堂入口

サン・ピエトロ大聖堂」が間近です。右側から入ります。奥に行くと「バチカン博物館」の裏出口へ続きます。

サンピエトロ大聖堂内部
そして中へ…

な、なんじゃあ、こりゃあーーーっっ!!!

「太陽にほえろ!」を知らない若者は今すぐGoogleれ!Googleばわかるさ、なんじゃこりゃ!

サンピエトロ大聖堂内部  ベルニーニ作 ブロンズの天蓋
ベルニーニ作の「ブロンズの天蓋」(高さ29m)

す…すごすぎる…今風(当時は2018年)に言うと「ヤバい!」か?…2030年には死語だな…まあいいや。

高い天井に豪華絢爛な装飾…とにかく凄まじいばかりの荘厳さです。これまで見た建造物の中で、ナンバー1です!

サン・ピエトロ大聖堂は、奥行211.5m、総面積は15,160㎡!

じっくり見るなら、相当な時間がかかります。

サンピエトロ大聖堂 ミケランジェロのクーポラ
ミケランジェロのクーポラ(Cupola)

ナ…なんですか?これは??

上を見上げて撮った写真です。どうやってこんなもの造ったんだ?という疑問も出ますが、美しすぎてそんなことどうでもいい…ため息しかでない…

後で外部から、この上に登ります。

サンピエトロ大聖堂内部
世界最高レベルの教会

入口へ向かって見るとこんな感じです。とにかくでかい!他のバシリカも凄いのですが、やはりカトリックの総本山「サン・ピエトロ大聖堂」は、圧倒的に凄かったです。

後にこのページも何度かメンテナンスしていますが、毎回見る度にため息しか出ない…写真なのに…キリスト教徒じゃなくても、実物を見に行って下さい。

サンピエトロ大聖堂 宝物館
宝物館(Museo del Tesoro di S.Pietro)

歴代法王の宝物などが展示してあり、とにかく派手できらびやかな空間です。内部は撮影不可。入場料は5€。

たくさんの十字架の中には、漆塗り金細工のものや、富士山のデザインなど、「メイドインジャパン」のものもありました。さらには、金とダイヤモンドの燭台や、豪華な聖杯。

他には、chalice(聖爵…聖杯とほぼ同じ)、monstrancep(聖体顕示台)、cope(マント)、reliquary(聖遺物箱)、spherical hand-heaters(蝋燭を中に入れるボール状のハンドヒーター、ボールが回転しても中の蝋燭が倒れない仕掛けになっている)、tiara(法王の冠)など、数々の貴重品も見ることができます。

他には水晶の十字架や、ベルニーニの彫刻、大きな象牙が3本、一番長いのは180cmありました。

さらに、9世紀の鶏像に、14世紀の聖ピーターと聖ポールのテンペラ画など。

さすがは「宝物館」といった感じでございました。世界の王族や権力者からの貢ぎ物が展示されています。当然、日本のものも。

サンピエトロ大聖堂 ミケランジェロ作聖母像ピエタ
聖母像ピエタ

ミケランジェロ作「聖母像ピエタ」のある「ピエタの礼拝堂(Cappella della Pieta di Michelangelo)」

1499年、ミケランジェロ25歳の時の作品のようです。あちこちの土産物屋に、小ピエタがたくさんありました…ミケランジェロ、天才です。

他にも見どころは多数あり、写真も撮りまくり、とても全てを掲載や説明ができません。そう、まさに「迷わず行けよ、行けばわかるさ!」です。

バチカン市国を徹底的に見るために、サン・ピエトロ大聖堂から歩いて5分のゲストハウスに3日間滞在し、3日間ヴァチカン三昧でした。

クリスマスの日や、城壁巡りの後にも来たので、5回は来ています。

詳しくはこちら

そして、大聖堂の中を見た後は、いったん外に出て「クーポラ」の上へ。エレベーターだと10€ですが、歩きは8€です。

クーポラ最上部への道は、いずれ動画で公開予定。

サンピエトロ大聖堂クーポラ
クーポラの上から見た大聖堂内部

クーポラ途中から大聖堂の中を見下ろすと、さっき地上から見たベルニーニ作の「ブロンズの天蓋」と、奥の「聖ペテロの椅子(Cattedra di S.Pietro)」が見えます。

とにかく何でもがすごい。

サンピエトロ大聖堂クーポラ
屋上外からのクーポラ。左の格子の中に大聖堂の鐘が!

円屋根のビューポイント(矢印の場所)までは、さらに92mの階段を上がって行きます。

そしてクーポラ天辺のテラスへ…

地上からの高さは132.5m、直径42.5mのクーポラ内部は一周できるので、360度のパノラマが!ローマの絶景ポイントでも、ナンバー1だと思います。

さっきの矢印の場所からの眺めがこちら…

サンピエトロ大聖堂クーポラからの眺め
クーポラ天辺からの「バチカン政庁舎とバチカン庭園」
サンピエトロ大聖堂クーポラ天辺から見たサンピエトロ広場
クーポラ天辺からの「サン・ピエトロ広場」

この後に行く残りの三大聖堂も凄いのですが、やはりこのサン・ピエトロ大聖堂は、スケールが別格です…さっきも書きましたが、もう一回念を押しとこう。

2018年4月に行った「地震のバロック」と呼ばれているフィリピンの四つの教会も世界遺産です。そこはそれで良かったのですが、スケールが全然違います。

とにかく、さすがは世界最大レベルの教会でございます。圧倒されることのオンパレード。

これ以上のものも世界にはあるかもしれませんが、しばらくはお目にかかれないでしょう…

そして、残る3つの大バシリカへ…

5.サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂(Basilica di Santa Maria Maggiore)

世界遺産サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

テルミニ駅から歩いて5分もかからないところにあるのが、「マッジョーレ大聖堂」、敷地はバチカン市国直轄です。

今回の滞在で、何度も通りました。宿もこの近くが多かったので、よく鐘の音が聞こえました。

ローマに着いて最初に見た世界遺産が、ここです。

中に入ったのはだいぶ後ですが…

夜のサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
夜のサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

「真夏の雪伝説」に始まる聖母信仰。431年、エフェソスの公会議にて聖母信仰の公認を記念して建立。

ということは、築約1600年か…このあたりの歴史的な話まで勉強するときりがありませんので、これくらいで…

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂と世界遺産マン
全部入れて写すには、車道に出るしかないので断念

世界遺産マン撮影をすると、どうしてもピントがずれます。やはり自撮り棒が必要か…

いや、名カメラマン同行の方がいいな。誰かをスカウトしよう。誰かいないか?ギャラは宝払いで…

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂内部
サン・ピエトロに比べたら、やはりおとなしめ
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
しかし煌びやか…
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂内部
美しすぎてわけがわかりません…
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂クーポラ
言うことなし!
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂 システィーナ礼拝堂
1585年に造られた「システィーナ礼拝堂」

後ほど、もう少し詳しく追記…

6.サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂(Basilica di San Giovanni in Laterano)

1700年の歴史を持つ四大バシリカの一つ。コンスタンティヌス帝がキリスト教を公認した頃から始まり、1309年に法王庁がアヴィニョン(フランス)に移るまで繁栄を続けました。

つまり、ローマ司教としての教皇の最初の「司教座聖堂(カテドラル) 」なのです。

そして「アヴィニヨン」とはあれです… 「アヴィニョン捕囚(ほしゅう) 」

アヴィニョン捕囚とは、 1309年~1377年、キリスト教のカトリック・ローマ教皇の座が、ローマからアヴィニョンに移されていた時期を指します。

これ以上の解説は、詳しくはWEBで…Google先生に尋ねて下さい。

アヴィニヨンから戻った法王の座は、「サン・ピエトロ大聖堂」に移ったため、「ラテラノ大聖堂」はしばらくほったらかされ、1650年に「フランチェスコ・ボッロミーニ」によって大修復されました。

サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂
上の2つに比べたら、人は少なめでした。
サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂内部
しかし、内部の荘厳さは、負けていません。
サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂 宝物館
宝物館(Museo Del Tesoro)

もちろん、ここの宝物館(Museo Del Tesoro)にも入りました。3€を支払い。

宝物はひたすら金細工、金糸の法衣など金(きん)だらけ…全部で120点以上ありました。ローマ法王というのは、よほどの金好きだな、と。

その後、「キオストロ(回廊)」に入る時、5€払いましたが、なんと先程の「宝物館」と共通で入れたのです。

しかし、宝物館だけ3€で入ってしまったので、合計8€払うことに…そんぐらいまけろよと思いましたが、寄付と思って払いました。

※というわけで、先にキオストロに行くべし!

サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂 キオストロ
キオストロ(回廊)
サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂 キオストロ
様々な様式の列柱がみどころ

柱の形がいろいろあります。中庭には出られませんが、いろいろ見ることはできます。昼食を取ってなかったので、自動販売機でお菓子を食べることに…

サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂 洗礼堂
サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂 洗礼堂

入れない時間帯に行ったのに、なぜか入れました。ミサみたいなものがあってましたが、別に何も言われず…

サン・ジョバンニ・イン・ラテラーノ大聖堂 洗礼堂天井
洗礼堂天井

ここもまた後ほど追記予定…

7.サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂Basilica di San Paolo fuori le Mura)

コンスタンティヌス帝によって、聖パウロの墓の上に建てられ、386年にさらに大規模に再建。

しかし、1823年に火災によって、一部を除いてほぼ焼失したため、再建された新しい建物です。

ここは唯一城壁外にあり、結構離れているので、電車で来るつもりでしたが、カラカラ浴場に行った後、結局歩いて行きました。

サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂
四大バシリカは全て徒歩で制覇!
サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂内部
これまた素晴らしい内部
サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂 内部
サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂内部

大聖堂は無料ですが、キオストロは4€です。2015年にトリップアドバイザーに表彰されたようです。なかなかやりますな。

「コズマーティ様式」の美しい回廊は、ローマでもトップクラスとのことです。ラテラノ大聖堂との違いは、こちらは中庭に出れます。

そしてキオストロから宝物館へ。撮影は不可です。十字架、聖杯、皿、水差し、イコン、絵、法衣などキリスト教関連グッズがたくさん展示されていました。

さらにそのまま美術館へ…ここにはローマ帝国時代のコインや石板などが展示されています。この大聖堂は順路がしっかりしていて、わかりやすいです。

サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂 キオストロ
キオストロ(回廊)
サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂 キオストロ中庭
キオストロ中庭
サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂 ファサード
ファサード

これにて「バチカン市国」および「四大バシリカ」は、ほぼ制覇しました!

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

2 Comments
  1. アバター 2019年1月1日
    • WHman 2019年1月3日

WHman にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です