世界遺産 全部行ったら 海賊王!

世界遺産19 「シドニー・オペラハウス」 ザ・オーストラリア

オーストラリアを代表する貝殻状の建築物「シドニー・オペラハウス」。

1973年に完成したオーストラリアのシンボルで、20世紀を代表する建築物でもあります。

周りの海や都市景観との調和がとれた美しさ、そしてその完成度の高さから、「人類の傑作」として登録基準(1)のみで世界遺産登録されています。

世界遺産、全部行ったら海賊王!

シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)
2007年登録

※世界で一番若い(完成から認定まで)世界遺産(完成1973~認定2007)として、世界遺産検定にも出ます。

2018年5月6日

オーストラリア最大の都市シドニー

オーストラリアで最初に訪問したのは、シドニーのオペラハウス!

実際の発音では、Dを強く言わないため、「シドニー」ではなく、「シッニー」。

アメリカ人に「シドニー」に行ったと言っても、???となり、全く通じませんでした…

オーストラリア シドニー ボンダイビーチ
シドニーのボンダイビーチ

Bondi(ボンダイ)とは、アボリジニの言葉で、「岩に砕け散る波」という意味のようです。

1年中サーフィンができるサーファーの聖地ですが、サメには要注意です。

シドニー ボンダイビーチ
住みやすい街 Bondi
シドニー ボンダイビーチ
海の横にプールがあるという…

ボンダイに、2か月英会話留学していたので、そこから電車で3駅、Martin Place Stationで降り、オペラハウスまで徒歩10分です。

シドニーのCentral Stationからなら、City Circle Lineで3駅。

Circular Quay(サーキュラー・キー)Stationからすぐです。

シドニー・オペラハウス

オーストラリア シドニーオペラハウス
Sydney Opera House
オーストラリア シドニーオペラハウス
完成された造形美 そして上空にはヘリ…
オーストラリア シドニーオペラハウス
見学だけの人もたくさん

シドニーに来たら、誰もがまずここに来るでしょう。まさにシドニーの、いやオーストラリアのシンボルです。

バックステージツアーでは、知られざる秘話なども聞けるので、より深く理解できます。

オーストラリア シドニーオペラハウス
シドニーに住んでたら簡単に来れます

通常は、オペラハウスで開催のイベントのチケットなどがないと、中には入れないため、この日は外観だけ撮影。

シドニーに滞在している間、内部ツアーかイベントに参加して、中も見てみましょう。

超快晴のハーバーブリッジとオペラ・バー
オーストラリア シドニーオペラバー
昼も夜も盛り上がってます

オペラハウスのそばは、すぐ海。もう一つのシドニーのシンボル「ハーバー・ブリッジ」を眺めつつ、オペラ・バーで食事なんかも人気です。

このハーバーブリッジで人気なのが、ブリッジ・クライム(Bridge Climb)というアクティビティ。

通常、橋は歩いて渡れますが、ブリッジ・クライムではアーチの部分に登れるので、絶景度合いが全く違うらしいです。

とにかくこの界隈は、いつも賑わっていました。

オーストラリア シドニーオペラハウス
午後2時頃の日差しを浴びるオペラハウス
オーストラリア シドニーオペラハウス
世界に類を見ない建物です
オーストラリア シドニーオペラハウス
外から見るだけならタダです

貝殻のようにも見えますが、シドニーハーバーを疾走するヨットの帆をイメージして造られたと言われています。

設計者は、デンマーク人のヨーン・ウッツォン(Jorn Utzon)。

建物の外観を構成する圧巻の白いタイルは、なんと105万6000枚!

北欧スウェーデンから運ばれたそうです。

シドニーオペラハウスの屋根
近くで見たらこんな感じ

バックステージツアー

2018年6月10日

再びシドニーオペラハウスへ。この日は雨の中、日本語ガイド付き「バックステージツアー」に参加しました。

本当は勉強も兼ねて英語ツアーがよかったのですが、日本語ツアーの方が安かったのでこちらを選択。

シドニーオペラハウス バックステージツアー
ガイドの説明を聞きながら歩きます
シドニーオペラハウス バックステージツアー
外に見えるのはハーバーブリッジ
シドニーオペラハウス バックステージツアー
ゴージャスな紫のカーペット
シドニーオペラハウス バックステージツアー
バックステージツアーは予約制なので、人も少ない

コンサートホールにも入れましたが、ホール内は撮影禁止です。

ちょうどこの日は、夜開催の合唱団のリハーサルがあってました。リハーサルはまず見学できないので、運がいい…らしい。

このコンサートホールには、世界最大級のパイプオルガンがあるとのことです。

他にもオペラシアター、リハーサルスタジオ、レストランやバーもあります。

シドニーオペラハウス バックステージツアー
中から見る別棟のシェル
シドニーオペラハウス バックステージツアー
内側の壁はこうなっているのか…
シドニーオペラハウス バックステージツアー
そして再びエントランスへ…天井が高い!

エレベーターが変わった造りをしていて、初めて見ました。

なんと、アレがないんです…これは詳細を伏せておきましょう。

シドニーオペラハウスはヨーン・ウッツォン作
Jørn Utzonの部屋

設計者、デンマークの建築家ヨーン・ウッツォン(Jørn Utzon)について。

ガイドからいろいろと開発秘話を聞くこともできるので、時間に余裕がある人は行ってみるのもよいと思います。

シドニーオペラハウスの解説
オペラハウスの歴史

本当はオペラも見たかったのですが、ちょうどタイミングが合わなかったので、今回は断念。

オペラハウスの歴史を知れば知るほど、一度はここでオペラを見たくなります。

シドニーが誇る、オーストラリアが誇る世界文化遺産「シドニー・オペラハウス」「世界一若い世界遺産」です。

Vivid Sydney

2018年6月14日

オーストラリア上陸前には、全く聞いたこともなかったのが、ビッグイベント「Vivid Sydney(ビビッド・シッニー)」 !

ビビッド・シドニー オペラハウス
オペラハウスが…

夜のシドニーの街が、鮮やかな光と「プロジェクション・マッピング」に彩られる

世界最大級の祭典!

2018年は、5月25(金)~6月16日(土)に開催されました。

シドニーの英会話学校に入学した日に、このイベントの紹介がありました。

学校でクルーザーを貸し切り、このVivid Sydneyをクルーザーから眺めるイベント、Boat Partyです。

卒業予定日の前日開催だったので、即参加を決定。いいタイミングでの卒業式前夜祭でした。

ビビッド・シドニー オペラハウス ハーバー
ハーバーには、ボートやフェリーが…
ビビッド・シドニー オペラハウス ボートパーティー
乗り込むのはこのフェリー
ビビッド・シドニー オペラハウス ハーバーブリッジ
ハーバーブリッジも鮮やかにライトアップ!
ビビッド・シドニー オペラハウス
常に変わり続けるオペラハウスの色彩
オペラハウスだけでなく、シドニーまるごと!

シドニーオペラハウスのプロジェクションマッピングは、本当に幻想的でした。

生きているうちに見てほしい大イベントです。

ビビッド・シドニー オペラハウス
これが2018年最後のシドニーの夜…次に来れるのはいつのことか

船上からと地上から2回見物。結局オペラハウスには、計4回行きました。

オーストラリアの世界遺産 シドニーオペラハウス
フェリーから見た昼のオペラハウスも美しい

オーストラリアで、最も行きやすい世界遺産です。

Vivid SydneyのBoat Partyの翌日に、約2か月間の英会話学校を卒業。

その翌日には、オーストラリアの真ん中へ旅立ちました。

世界遺産マン道【 The World Heritage Man 】

「ウルル・カタジュタ国立公園」は、「エアーズロック」として知られるオーストラリア大陸を代表する世界遺産で、観光名所です。…

その他のオーストラリアの世界遺産

世界遺産マン道【 The Way of the World Heritage Man 】

2020.オーストラリアの危機 オーストラリアには自然遺産が12件あり、「世界一の自然遺産保有国」です。 有名な「ウルル…

迷わず行けよ、行けばわかるさオーストラリア