世界遺産19 「シドニー・オペラハウス」 ザ・オーストラリア

オーストラリアを代表する貝殻状の建築物「シドニー・オペラハウス」。1973年に完成したオーストラリアのシンボルで、20世紀を代表する建築物でもあります。

周りの海や都市景観との調和がとれた美しさや、完成度の高さから、「人類の傑作」として登録基準(1)のみで世界遺産登録されています。

世界遺産、全部行ったら海賊王!

シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)
2007年登録

※世界で一番若い(完成から認定まで)世界遺産(完成1973~認定2007)として、世界遺産検定にも出ます。

2018年5月6日

オーストラリアで最初に訪問した世界遺産は、シドニーのオペラハウス!実際の発音では、Dを強く言わないため、「シドニー」ではなく、「シッニー」。

アメリカ人に「シドニー」に行ったと言っても、???となり、全く通じませんでした…

ボンダイというところに、2か月英会話留学していたので、そこから電車で3駅、Martin Place Stationで降り、徒歩10分です。

シドニー・オペラハウス

あっさり着きました

シドニーに来たら、誰もがまずここに来るでしょう。バックステージツアーでは、知られざる秘話なども聞けるので、より深く理解できます。

シドニーに住んでたら簡単に来れます
完成度の高い建物

通常は、オペラハウスで開催のイベントのチケットなどがないと入れないため、この日は外観だけ撮影。

シドニーに2か月いるので、その間のどこかに内部ツアーかイベントに参加して、中も見てみます。

超快晴のハーバーブリッジとオペラ・バー

オペラハウスのそばは、すぐ海。シドニーのシンボル「ハーバー・ブリッジ」を眺めつつ、オペラ・バーで食事なんかも人気です。

とにかくこの界隈は、いつも賑わっています。

バックステージツアー

2018年6月10日

再びシドニーオペラハウスへ。この日は雨の中、日本語ガイド付き「バックステージツアー」に参加しました。

本当は勉強も兼ねて英語ツアーがよかったのですが、日本語ツアーの方が安かったのでこちらを選択。

ホール内は撮影禁止です。ちょうどこの日は夜開催の合唱団のリハーサルがあってました。リハーサルはまず見学できないのでラッキーでした。

エレベーターが変わった造りをしていて、初めて見ました。これは詳細を伏せておきましょう。

Jørn Utzonの部屋

設計したのは、デンマークの建築家「ヨーン・ウッツォン(Jørn Utzon)」。開発秘話も聞くことができました。

オペラハウスの歴史

本当はオペラも見たかったのですが、ちょうどタイミングが合わなかったので、今回は断念。

オペラハウスの歴史を知れば知るほど、一度はここでオペラを見たくなります。

シドニーが誇る、オーストラリアが誇る世界文化遺産「シドニー・オペラハウス」「世界一若い世界遺産」です。

Vivid Sydney

2018年6月15日

日本にいる時には全く聞いたこともなかったビッグイベント「Vivid Sydney(ビビッド・シッニー)」 !

夜のシドニーの街が、鮮やかな光と「プロジェクション・マッピング」に彩られる、世界でも最大スケールの祭典です。

2018年は、5月25(金)~6月16日(土)まででした。

シドニーの英会話学校に入学した日に、学校でクルーザーを貸し切り、このVivid Sydneyをクルーザーから眺めるイベントの紹介があり、即参加を決意。

そして卒業前日に開催されたそのBoat Partyに参加しました。いいタイミングでの卒業式前夜祭でした。

プロジェクション・マッピング
鮮やかに変わるオペラハウスの色彩

シドニーオペラハウスのプロジェクションマッピングは幻想的でした。船上からと地上から2回見物。結局オペラハウスには、計4回行きました。

オーストラリアで、最も行きやすい世界遺産です。

迷わず行けよ、行けばわかるさ世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です