韓国の世界遺産13件 最も近い海外の国

世界遺産、全部行ったら海賊王!

日本から最も近い外国、「大韓民国」。2019年現在、世界遺産は全部で13箇所あります。

12箇所と思っていたら、2018年に1つ認定されていました。やはり最新情報のチェックは欠かせません。

セブ島留学していた2018年、ひょんなことから日帰りで釜山に行くことになり、世界遺産「石窟庵と仏国寺」に行ってきました。この時が韓国初上陸。

慶州の歴史地区」も合わせて行く予定でしたが、時間的に厳しいのと範囲が広いので断念。いくつかはバスの中から見えました。

福岡から船で行けます

福岡からだと、ソウルと大阪が同じくらいの距離なので、非常に行きやすいです。セブ島からは4時間以上かかりました。

ソウル近郊の1~4と、11の一部は、一気にまとめて行く予定です。韓国との繋がりは、昔やっていたテコンドーとキムチ大好きくらいなので、韓国語も含めていろいろ学んでいきましょう。

1.昌徳宮(チャンドックン)
2.宗廟(チョンミョ)
3.水原の華城(スウォンファソン)
4.南漢山城(ナムハンサンソン)
5.石窟庵(ソックラム)仏国寺(プルグッサ)
★クリア
6.慶州(キョンジュ)の歴史地区
7.百済(ペクチェ)の歴史地区
8.八万大蔵経板(パルマンテジャンキョンパン)版木所蔵の海印寺(ヘインサ)
9.河回村(ハフェマウル)と良洞村(ヤンドンマウル)の歴史的集落群
10.高敞(コチャン)・和順(ファスン)・江華(カンファ)の支石墓跡
11.朝鮮王朝の王墓群
12.済州(チェジュ)火山島と溶岩洞窟群
13.山寺、韓国の山地僧院

1.昌徳宮(チャンドックン・史跡第122号)

1405年に建設された、朝鮮王朝の離宮です。法宮(正宮)は「景福宮(キョンボックン)」。

1592年の文禄の役で、 景福宮と共に焼失したが、その後再建。以後270年間法宮として使用されており、韓国の五大古宮の中では、唯一世界遺産に登録されています。

2.宗廟(チョンミョ・史跡第125号)

ソウル特別市に所在する「朝鮮王朝(李氏朝鮮)」「大韓帝国」の歴代の国王、王妃、功臣などを祀る祭祀場。1995年登録。

3.水原の華城(スウォンファソン)

18世紀末、李氏朝鮮第22代国王「正祖(チョンジョ)」が築城した城塞遺跡。 老論派の陰謀で横死した父の墓を、楊州から水原の顕隆園(隆陵)に移し、その周囲に城壁や塔、楼閣や城門を築いて華城を築きました。1997年登録。

正祖は、韓国の放送局MBC開局46周年の特別企画ドラマ「イ・サン(이산 李祘)」の主人公。(2007~8年放送)

4.南漢山城(ナムハンサンソン)

ソウルの南東25kmの山岳地帯にある、朝鮮王朝の臨時首都にもなった要塞。最古のものは7世紀頃のものという説もあります。

朝鮮戦争後に修復・復元作業が進められ、京畿道立公園として保護されています。2014年登録。

5.石窟庵(ソックラム・国宝第24号)と仏国寺(プルグッサ)

6.慶州(キョンジュ)の歴史地区

紀元前57年から約1000年間、新羅の首都金城(クムソン)として栄えた地。

南山(ナムサン)」「月城(ウォルソン)」 「大陵苑(テヌンウォン)」 「皇龍寺(ファンニョンサ)跡」「山城(サンソン)」の5つのエリアに分けられ、「屋根のない博物館」とも呼ばれています。2000年登録。

7.百済(ペクチェ)の歴史地区

韓国中西部にある、百済王朝後期を代表する8つの考古遺跡から構成されており、朝鮮半島・中国・日本の東アジアの古代王朝間の交流を証明する遺跡群です。

8.八万大蔵経板(パルマンテジャンキョンパン・国宝第32号)版木所蔵の海印寺(ヘインサ)

韓国三大名刹(有名寺院)のひとつ「海印寺」は802年に創建。1232年に初彫の仏教聖典「八萬大蔵経」の版木(世界記憶遺産)は、元寇の際に焼失しました。

その後、1251年に復刻した版木は、1488年に建設された「蔵経板殿(チャンギョンバンジョン)」に保管されています。

現存する海印寺最古の建物「蔵経板殿 」が世界遺産として1995年に登録されています。

9.河回村(ハフェマウル)と良洞村(ヤンドンマウル)の歴史的集落群

安東市河回村と慶州市良洞村は、韓国において最も歴史のある氏族村(同族集落)です。

朝鮮王朝時代に創建された建物や農耕地、儀礼や芸術品などが、継承・保存されています。 2010年登録。

10.高敞(コチャン)・和順(ファスン)・江華(カンファ)の支石墓跡

支石墓(ドルメン)と呼ばれる先史時代の巨石文化の遺跡は世界中にありますが、全世界の約半分(3万基)が韓国に密集しています。

そのうちの 高敞442基、和順287基、江華60基の支石墓(韓国ではゴインドル)が、2000年に登録されています。

11.朝鮮王朝の王墓群

1408~1966年にかけて造営された李氏朝鮮王朝の王墓群「朝鮮王陵(チョソンワンルン)」 。18箇所40の王墓群から構成されています。

12.済州火山島と溶岩洞窟群

韓国最大の「島」である「済州島(チェジュトウ)」。 自然保護区の島には、絶滅の危機に瀕している稀少な動植物が数多く生息しており、韓国初の世界自然遺産です。

島にある韓国最高峰(1950m)の山「漢拏山(ハルラサン)」は火山(休火山)です。山頂には火山湖があり、周辺には多くの噴火口や溶岩洞窟などが残っています。

漢拏山自然保護区 」「 城山日出峰(ソンサンイルチュルボン) 」「 拒文岳(コムンオルム)溶岩洞窟群 」の3つの地域から構成されています。

13.山寺、韓国の山地僧院

以上、全13件!

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

2 Comments
  1. アバター 2019年6月21日
    • WHman 2019年6月21日

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です