世界遺産37 「宗廟」 朝鮮王朝の聖地はソウルにあり

世界遺産、全部行ったら海賊王!

韓国の首都ソウルにある、朝鮮王朝の 19人の王とその妃の位牌49位が安置されているところが、聖地である「宗廟」です。

カンボジアに行く前にソウルにも寄ったので、外観だけチェックしてきました。また後日、昌徳宮と合わせて訪問します。

宗廟(Jongmyo Shrine) 종묘
1995年登録

2019年6月22日

さて、中国の習近平国家主席が、日本開催のG20前に北朝鮮の平壌を訪問し、首脳会談を行っている最中に、初のソウル入りをした世界遺産マン。

韓国の首都ソウルは、とても平和でした。

タイとカンボジアに行く前に行った今回のセブ島は、ソウル経由でしたが、トランジットが9時間あったので、世界遺産「宗廟」と「昌徳宮」の下見を決行!

空港から電車で行けるので、まずは便利な「ICカード」を購入。

韓国では、ICカードの「T-money」というのがポピュラーのようです。 なぜか 空港駅の自動販売機では買えなかったので、コンビニで購入。4000ウォンでした。

このキャラクターはどこかで見たような…

仁川国際空港から空港鉄道でソウル駅まで、各駅停車で約1時間。1本しかないので間違えることはありません…多分。

ソウル駅まで行く「空港鉄道」

地下鉄1号線に乗り換えて3つ目の駅、「鍾路3街」で降ります。5分かかりません。

地下鉄1号線「鍾路3街」出口

14番出口を地上に出て東に向かって歩くと、すぐに「宗廟」の入口に着きます。南側です。

歩けば即「宗廟」
みんな馬から降りて橋渡れよ、と書いてあるはず…
世界遺産「宗廟」入口の外大門

「宗廟」は、土曜日以外はガイドと一緒に入らなければいけません。

この日は奇しくも土曜日でしたが、飛行機の時間を気にしながら慌てて回るのも嫌なので、次回泊りでソウルに来た時に優雅に回りましょう。今回は下見です。

「昌徳宮」は、宗廟のすぐ裏(北側)で、道路を挟んでほぼ隣同士です。

別々の敷地ですが、2つ一緒に行くのがベストでしょう。

日本から早朝に来て、2つ見て夜帰国、という日帰りプランもできそうですが、せっかくなら数泊し、他の世界遺産や観光名所などにも行った方がいいです。

宗廟」「昌徳宮」「南漢山城」「水原華城」「朝鮮王陵の王墓群」の一部、「支石墓群の一つ江華」は、まとめて行くことができそうなので、次回一気に行くことにしましょう。

to be continued…I’ll be back.

迷わず行けよ、行けばわかるさ世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です