世界遺産15 「仏国寺・石窟庵」 韓国仏教芸術の最高峰

世界遺産、全部行ったら海賊王!

行く一週間前に突然決まった韓国日帰り旅行。しかも日本からではなく、フィリピンから…そう、人生には時として何かが突然決まることもあるのです。

当初は世界遺産2つを見る予定でしたが、時間的に厳しく、現地で予定を修正。1つに絞りました。

仏国寺・石窟庵(Seokguram Grotto and Bulguksa Temple)
(석굴암과 불국사)
1995年登録

2018年4月1日

フィリピン・パラワン島の世界遺産「プエルト・プリンセサ」に行った後、セブ島に戻り、その12時間後、韓国の釜山に向かいました。韓国は初上陸です。

ちょうど桜の季節で、花見もできたので、いい時期に行けました。釜山の「金海空港」からリムジンバスで70分(行きは渋滞で100分かかりましたが)。

桜満開、金海空港

満開の桜を見ながら、歴史の町「慶州(キョンジュ)」へ向かいました。

福岡に住んでいた時に行けば、数倍近かったわけですが、この日に行く運命だったのです。

釜山から慶州へ

慶州(キョンジュ)はその昔、「新羅」の都だった場所です。歴史で学んだ記憶があるはずです。

そんな歴史の街にも、スタバ宮はあるのです…

世界遺産「石窟庵(ソックラム)」と「仏国寺(プルグッサ)」は、8世紀の景徳王の時代に宰相の金大城(김대성)によって建立されたとされています。

751年に建立開始し、774年に完成。 最盛期の8世紀には、約60棟の木造建築で構成されていたそうです。

その後、 1407年に李氏朝鮮の太宗は、「崇儒廃仏(儒教崇拝、仏教排斥)」政策をとり、儒教の新興と共に仏教の抑圧を開始。 その弾圧の際には、存続を許された88寺院の中に名前がなく、既に荒廃して廃寺になったとされています。

そして、16世紀末の「文禄・慶長の役」でほとんどが焼失…韓国の歴史に、この「豊臣秀吉」の残した爪痕は深く関わっています。

それから400年以上が経ち、日本統治時代の1924年4月から1925年8月の朝鮮総督府による再建工事によって、石壇・石廊を含む主要構造が修復されました。

さらに、1973年の発掘調査後、改修工事で「無説殿」「観音殿」などが再建されています。

依然として謎が多く、同時代の仏像彫刻に比べて非常に精緻なため、新羅美術の最高峰と呼ばれ、1995年に、韓国初の世界文化遺産として登録されております。

高速バスの時刻表…

慶州の高速バスターミナルからバスで約30~40分、なんとか仏国寺に着きました。ハングルが全然読めないので苦戦しましたが、Webで調べるより現地の人に聞いた方が早く、観光案内と関係のある人たちは英語や日本語で教えてくれました。

仏国寺(불국사)

七つの国宝があるという仏国寺。

でかい石に彫られた世界遺産の印
正門…黒い帽子のスタッフは、日本語がしゃべれます
何かの伝説の池
天王門 (チョナンムン) …この中に
四天王…だいぶコミカルな顔からして、新しいものですな
紫霞門(チャハムン)へと続く青雲橋(チョンウンギョ)と白雲橋(ペグンギョ)
左:釈迦塔 右:多宝塔

釈迦塔(国宝第21号)
新羅時代の三層塔で、高さは8.2m。1966年の復元工事中、塔中央部から世界最古級の木版印刷物である『無垢浄光陀羅尼経』が発見された。

多宝塔(国宝第20号)
新羅時代751年の作と推定される石造の多宝塔で、高さは10.4m。四面に階段が設置され、塔下部は四本の柱で支えられている。10ウォン硬貨に描かれている。

大雄殿(本殿) 1765年に再建
無説殿

仏国寺の造りは、沖縄の首里城のような感じを受けました。規模としてはそんなに大きくないので、1時間もあれば全部見ることができます。

今回はセブ島から日帰りだったので、時間を気にしながら早めに回りました。やはりじっくり回らないとせっかく来た意味がないので、時間に余裕を持つということは重要です。

仏国寺からさらにバスで15分行くと、石窟庵へ到着します。

石窟庵(석굴암)

この中にあるのが本尊仏、四天王像、八部神衆ですが、撮影不可のため見るだけ。しかし、全ての中で、この石仏が一番素晴らしいので、ここは必見です。最も遠い場所にあるので、気合いと根性で歩くべし。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です