【世界遺産20】ブルーマウンテンズ地域(オーストラリア)

世界遺産、全部行ったら海賊王!

ブルーマウンテンズ地域(Greater Blue Mountains Area)
2000年登録

2018年5月20日

オーストラリア2つ目の世界遺産は、シドニーから電車で約2時間の所にあるグレーター・ブルーマウンテンズ地域。「Area」という名の通り、広大な公園が7つ登録されています。そうそう簡単に全部は行けません。

ここは2回に分けて行きました。2回目はキングステーブルランドと世界最古の鍾乳洞ジェノラン・ケーブを制覇!

・Blue Mountains National Park(ブルー・マウンテンズ)
・Wollemi National Park(ウォレミー)
・Yengo National Park(イェンゴ)
・Nattai National Park(ナッタイ)
・Kanangra-Boyd National Park(カナングラ=ボーイド)
・Gardens of Stone National Park(ガーデンズ・オブ・ストーン)
・Thirlmere Lakes National Park(サールメア・レイクス)

シドニーから西へ約70km行くと、世界で4番目に長い、グレートディバイディング山脈があり、グレーター・ブルーマウンテンズ地域は、この山脈の一部です。

あまりに広大なのですが、見どころはエコポイントから見る「スリーシスターズ」と呼ばれる岩山、そして「ジェノランケーブ」という世界最古の鍾乳洞です。しかし、この鍾乳洞が8箇所もあります。

City Central駅から電車で約2時間、Katoomba駅に到着しました。OpalカードというNSW州で使えるカードがあれば、日曜日のバス、電車代は2ドルちょっとで乗り放題になります。ありがたや、ありがたや。

Katoomba駅から歩いて30分、最もポピュラーな見どころ、Echo Pointに向かいます。ほぼまっすぐに進み、あとは標識に従って行けば着きます。

ここから三姉妹を眺めます。岩山になった伝説の三姉妹です。しかし、日曜の午後で超快晴のため、人が多い多い…

伝説のThree Sisters

…映像は、風が強かったので指が映っているが、まあ仕方ない

その後、歩いて”SCENIC WORLD”というアクティビティとへ向かいます。まずは、「シーニック・スカイウェイ」、これは世界初のガラス張りフロア(一部)のケーブルカーで、ブルー・マウンテンズの森を上から見ることができます。

Scenic Skyway

シーニック・レールウェイ(Scenic Railway)は、世界で最も急勾配の斜面を下るトロッコ(というよりジェットコースター)です。

下まで降りたら、森の中を歩きます。遊歩道、手すり完備なので安全です。20分程歩くと上に戻るケーブルカーがあるので、それに乗って戻ります。

2018年5月27日

最初に来た日の一週間後、再び訪問。今回はツアーで参加して、1人では行きにくい、「キングステーブルランド」と「ジェノランケーブ」も車で送迎してもらいました。

Kings Tableland(キングステーブルランド)

ケイン・コスギのファイト一発のCMの撮影場所らしいです。

Jenolan Caves は、見学できる鍾乳洞としては世界最古、約三億五千万年前のものとされています。

Orient Cave(ジェノランケーブの中で最も美しい鍾乳洞)

メドゥーサと名付けられた石もありました。確かに女性の顔と蛇髪に見えます。他にもピラミッドや神龍(ドラゴンボール)、ベーコンなどなどなど実に多彩で美しいです。

今回は、「ジャックさんの楽しい日本語ツアー」での参加。日本語ペラペラのガイド、クリスが詳細な解説をしてくれました。オリエント・ケーブ内には、様々な形の鍾乳石があり、自然の造形美の凄さを体感できます。

ワラビーに遭遇

カンガルーと雑談

2回目なので、SCENIC WORLDはパスして森を下り、滝を見物。

調べれば調べるほど行くべきところが多く、日帰りではもったいないですが、ホテルやバックパッカー向けの宿なども充実しています。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です