おすすめガイドブック「地球の歩き方」

世界遺産、全部行ったら海賊王!

インターネットが当たり前の今日この頃、何を調べるにもネットです。便利です。昔はパソコンだったのが、最近ではスマホでささっと済ませられます。10年後はどうなってるかわかりませんが…

そうなると重要なのは、電波が届くかどうかやWi-Fiが繋がるかどうかになってきますが、世界を旅したり、日本でも辺境の地に行ったりすると、どうしてもネットの限界に行き当たります。充電切れも怖い問題です。

さて、飛行機の乗り換えで何度か中国に行きましたが、セキュリティWi-Fiがありませんでした。結構大きなホテルに泊まった時もなかったので受付に尋ねましたが、セキュリティWi-Fiって何?と聞かれました。

中国はネット規制も厳しく、Google Mapも使えません。MapどころかGoogleも使えないし、見られるサイトも限られます。情報漏洩の可能性も高いので、ネットだけに頼るのは危険です。

そういう時に最終的に役立つのは、本や地図などの紙媒体です。自分の場合、海外の旅に関しては以前から「地球の歩き方」を重宝しています。

2018年の留学の時、セブ島には「地球の歩き方 フィリピン」を持って行きましたが、その後シドニーに行く時は、まだ先の話だからと持って行きませんでした。

しかし、やはり必要だということで、シドニーセントラルにある紀伊国屋書店に買いに行くと、値段は税込みで約40オーストラリアドル(約3300円)。定価は1800円+税です。

…買いました。そして役に立ちました!日本にいればamazon等で中古を安く買ったりもできましたが、シドニー滞在時なので新品を買うしかなかったのです。

そもそも旅行情報のプロが編集しているので、最低限以上の情報がコンパクトにまとめられています。宿や細かい情報等は、ネットやアプリでなんとかしますが、大まかなスケジュール作成やアクティビティの選択で重宝します。

特にケアンズ滞在時に、「Samurai Gallery」に行けたのは、この本のおかげです。他にもキュランダやウルルを満喫できたのは、まさに「地球の歩き方」のおかげです。Samurai GalleryのオーナーJohn Grassoは、地球の歩き方の編集者とFacebookで繋がってるぜ、と教えてくれました。

重さは結構ありますが、旅先で筋トレに使えばいいのです。あると安心感があるでしょう。ネットの情報とうまく組み合わせて使うと、よりよい旅になると思います。

かなり使い込まれた「地球の歩き方 オーストラリア」

さて、ある日のシドニー留学時の授業中、「旅」をテーマにしたページに出会いました。文法のテーマは、「時制」。現在進行形や現在完了形など英文法でも難解な部類だと思います。

ここに出てきたのが、「Lonely Planet」です。

(Wikipediaより抜粋)
「ロンリープラネット」の歴史は、1970年に2人のイギリス人、トニー・ウィーラー (Tony Wheeler) とモーリーン・ウィーラー (Maureen Wheeler) がイギリス、ロンドンの公園で知り合うところから始まる。2人は旅行を趣味としており、直ぐに意気投合する。

翌年に2人は結婚し、さらにその翌年の1972年7月4日に新婚旅行に出かける。この新婚旅行は、ロンドンを出発後、ヨーロッパから中東、アジアを抜けてオーストラリアのシドニーへ行き、しばらく同地で仕事をしながら滞在し、帰国費用を捻出した後、再び旅をしながらロンドンに戻るという計画であった。

なんだこの話は…!映画にできるようなストーリー!

創業から40年以上経ち、現在は英語による旅行ガイドブックのシェア世界一の会社です。テレビ番組も持っているようですが、実はこの授業で学ぶまで存在すら知りませんでした。

旅をしながら生きる、まさにその先駆者です。今から真似してももう遅いですが、ビジネスシステムの作り方は大変参考になります。ホームページもおしゃれでかっこいいです。

シドニーの学校の先生の中にも、元ツアーコンダクターの旅好きがいて、20年くらい前にパキスタンを一人で旅したと話してました。ニュージーランド人の女性です。自分の卒業を見届けたら、休みを取ってキューバに行くと言っていました。さすがです。

留学…語学を学ぶだけでなく、他にもいろいろ学ぶことができます。セブ島とシドニーでは武術やヨガも習ったので、その内容はまた別ページで。

迷わず行けよ、行けばわかるさ世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です