「ファースト世界遺産」 世界遺産検定に出る世界遺産第一号!

世界遺産、全部行ったら海賊王!

ファースト世界遺産」…私が勝手に呼んでいるだけですが、「世界遺産第一号」、つまり世界で最初に認定された「世界遺産」で、全部で12件あります。

※「世界遺産検定」受験者は、この「ファースト世界遺産=世界遺産第一号」は要チェックです。3級は忘れましたが、2級、1級ではかなりの頻度で出ます。

世界遺産第一号

1978年認定の世界遺産第一号全12件

・アーヘンの大聖堂(ドイツ)
・クラクフの歴史地区(ポーランド)
・ヴィエリチカとボフニャの王立岩塩坑(ポーランド)
・シミエン国立公園(エチオピア)
・ラリベラの岩の聖堂群(エチオピア)
・ゴレ島(セネガル)
メサ・ヴェルデ国立公園(アメリカ)★クリア
・イエローストーン国立公園(アメリカ)
・ランス・オー・メドー国立歴史公園(カナダ)
・ナハニ国立公園(カナダ)
・ガラパゴス諸島(エクアドル)
・キトの市街(エクアドル)

セネガルとドイツ以外は、1国で2つの世界遺産を保有しています。有名なのは、「イエローストーン国立公園」と、「ガラパゴス諸島」だけのような気がするので、意外と覚えるのに苦戦するかもしれません。

世界遺産検定受験者は、闇雲に多くの世界遺産の情報を暗記するより、この12件から始める方がいいと思います。

この中でクリアしたのは

メサ・ヴェルデ国立公園

ファースト世界遺産の中で、次に行くとしたら「アーヘンの大聖堂(ドイツ)」か「イエローストーン国立公園(アメリカ)」になりそうな気がします。

日本の世界遺産第一号

日本は、1992年にようやく「世界遺産条約」を批准したので、「1993年」から世界遺産の歴史が始まりました。

1993年認定の日本の世界遺産第一号全4件

姫路城(兵庫県)★クリア
法隆寺地域の仏教建造物群(奈良県)★クリア
・屋久島(鹿児島県)
・白神産地(青森・秋田県)

文化遺産と自然遺産が半々です。15年遅れでようやく日本の世界遺産の歴史が始まったわけです。

2019年の時点で、日本の世界遺産は23件で、世界ランキング12位まで浮上しています。

姫路城

1978年にファースト世界遺産が誕生して、 2018年でちょうど40年が経ちました。

最初の年に「12件」だった世界遺産は、40年で「1092件」に増えました。

約90倍になったというわけです…すごいペースです。

ラスト世界遺産

始まりがあるということは、終わりもあります。

「ラスト世界遺産」はどこになるのでしょうか?…たぶん永久に増え続けることはないので、いつかどこかで終わりが来るでしょう。上限値です。

実際、世界遺産委員会も世界遺産の総数についての検討を始めているようです。まあ、2000くらいでストップになるような気がしますが…

そしてできれば「トランス・バウンダリー」の認定はやめてほしいです。非常にややこしくなるだけです。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です