【世界遺産5】アユタヤと周辺の歴史地区(タイ)

世界遺産、全部行ったら海賊王

アユタヤと周辺の歴史地区(Historic City of Ayutthaya)
1991年登録

東南アジアの国「タイ」。アジアで欧米の植民地にならなかったのは、日本とタイだけです。
そんなタイのことを知る第一歩となりました。

2015年9月24日

2015年にロンドンの世界遺産4件制覇に向かいましたが、福岡からタイ航空で行ったので、ついでにタイの世界遺産「アユタヤ」にも行けました。

ついでと言っても、最初からそういうつもりでチケットを取ったのです。たくさんの世界遺産に行くためのテクニックです。

東南アジア最大級の国際空港スワンナプーム(サンスクリット語で黄金の土地)

帰りのスワンナプーム空港でのトランジットが17時間あったので、空港から直通の電車でバンコク市内に行き、それから別の古い電車でアユタヤへ。

これがタイの電車のチケットです。もちろん最新設備のところのみです。

乗り換えで歩いていると、セブンイレブン…に「リラックマ」さんが!!
さすがは世界のリラックマ、これでタイ人もごゆるりできますな。

タイの電車は、全部ではないでしょうが、30分以上遅れるのが当たり前のようで、しかも駅と駅の中間で止まって何十分も動かなかったり、日本だったら確実にワイドショーものです。まあそれがタイクォリティーと思って、優雅にごゆるりと待ちましょう。リラックマのように。

電車内では子供やおばちゃんが、ジュースやら何だかよくわからない食べ物やらを売っています。のどかな風景です。

プラットフォームが低いので、線路に入り放題。過保護な日本とは大違いですが、自己責任で。

アユタヤ駅からはレンタサイクルで「アユタヤ歴史公園」内にあるアユタヤ遺跡へ。
気温32度、超快晴!サイクリング日和!

まだ行ってませんが、カンボジアの世界遺産「アンコールワット」に比べると、そこまで広くないとはいえ、かなりの移動をしました。見どころは観光マップがあるので、簡単に行けますが、信号機がないところが多く、自転車での横断は相当危険を伴います。

アユタヤ王朝の歴史

1351年 – 1767年にアユタヤを中心に展開したタイ族による王朝。創設者はラーマーティボーディー1世(ウートーン王)。15世紀にクメール人のアンコール朝を滅ぼし、スコータイ朝を併合。17世紀には最盛期を迎えるが、1767年、ビルマ軍の信仰によって滅亡。

入口看板には日本語も!騒ぐマナー???…しかし、日本語は当然として、英語もほとんど通じませんでした。まあ、それでもなんとかなったわけだが…

ワット・プラシーサンペット(Wat Pra Srisanpet、タイ語: วัดพระศรีสรรเพชญ์

アユタヤ王朝の3人の王の遺骨が納められています。「ワット」とは寺院のことです。1448年建立。

ウィハーン・プラモンコンボーピット
(Wihan Phra Mongkhon Bophit、タイ語: วิหารพระมงคลบพิตร

礼拝堂が「ウィハーン」で、「プラモンコンボービット」が仏坐像です。

500~600年前のものらしいですが、キンキラキンだと古さを感じません。高さは約13メートル、タイ国内では屈指の大仏像です。大仏にみんなが集まるのは万国共通でございます。

プラ・ブッダ・サイヤット(Phra Buddha Sai Yat タイ語: พระพุทธรูปปางไสยาสน์

ワット・ローカヤスターラーム(Wat Lokayasutharam、タイ語: วัดโลกยสุธาราม)という廃墟寺院にある涅槃仏。全長は29m、材質は煉瓦と漆喰。1956年に復元。

ここではタイ人のおばちゃんが、日本語で線香とか花とかを売ってきます。しつこいので、日本語で「いりません」と言うと、「イリマセン~イリマセン~」と言いながらどっかに行きました。

ワット・マハータート (Wat Maha that、タイ語: วัดมหาธาตุ)

ワット・マハタート内の仏頭

ワット・プララーム (Wat Phra Ram、タイ語: วัดพระราม)

ワット・ラーチャブーラナ(Wat Ratchaburana、タイ語: วัดราชบูรณะ

ここからの貴重な発掘品は、近くにある「チャオ・サーム・プラヤー国立博物館」に展示されているようです。

ここは、象園か…時間があれば乗りたかったが…

タイ人の中には日本の500円玉を見せて、片言で「ホンモノデスカ??」と聞く人もいました。計3人に聞かれました。一応全部本物でしたが…流行っているのか??

ひたすら自転車で回ること約4時間。疲れた体に、ヤシの実ジュースが最高でした!
その後、時間がないので、食事もせずバンコク市内へ電車でUターン…

東南アジア最初の世界遺産アユタヤ遺跡は、戦争の傷跡が残るものの風化しない強さをもって佇んでいました。バンコクから北に約80km、タイでは一番行きやすい世界遺産です。

トランジットの空き時間で来ましたが、他にもバンコク市内には行きたいところがいろいろあります。ムエタイの殿堂、「ルンピニー」と「ラジャダムナン」の両スタジアムは必須です。

ラジャダムナンと言えば、外国人として初めてラジャダムナン王者になったキックボクサー「藤原敏男」先生ははずせません。

2018年7月に偶然にもお会いしましたが、オーラが凄かったですね。足が悪いので杖をついていましたが、ローキックはできるという…しかもキレが凄い。

なお、タイの田舎のトイレは有料なので、小銭を持っておいた方がいいです。フィリピンの田舎もそうです。確かロンドンのどこかも有料だった…どこだったか…???

その他の画像は動画にて公開

そして、帰国…またタイに行きタイ… 残るタイの世界遺産は4つ

【ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯】
バンコクから約205km北東に広がるコラート高原の国立公園群が、世界自然遺産に指定されています。広大な森林地帯です。

【スコータイとその周辺の歴史的都市群】
バンコクの北約440km、タイ族最初の王朝、スコータイ朝の古都「スコータイ」、第2の都市「シー・サッチャ・ナライ」と、王朝の重要な軍事拠点「カンペーンペッ」が含まれます。

【バンチェン遺跡】
バンコクから北東へ約560km、ウドーン・ターニー周辺からは先史時代の遺跡が数多く発掘されており、紀元前2500~2000年頃のバンチェン遺跡は、先史時代の墳墓遺跡で、東南アジア地域の高度な文明遺跡です。

【トゥンヤイ・ファイ・カ・ケン野生生物保護区】
バンコクの北西約350kmに位置する広大な自然保護区です。「タイ最大で最後の原生林」と呼ばれています。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です