世界遺産40 「プレア・ヴィヒア」カンボジアの天空寺院

世界遺産、全部行ったら海賊王!

クメール語で「神聖な寺院」 を表す 「プレア・ヴィヒア」。 海抜625m、 ダンレク山地の断崖の頂上にあり、「アンコール・ワット」からは、北東に約120km行った所です。

9世紀末、ヤショーヴァルマン1世によって、ヒンドゥー教寺院として創建された後、仏教寺院へ。

現在残るものの大半は、スーリヤヴァルマン1世、2世によって増築されたものです。

プレア・ヴィヒア(Preah Vihear)
2008年登録

2019年7月2日

カンボジア滞在2日目、2つ目の世界遺産「プレア・ヴィヒア」を目指します。

プレア・ヴィヒアへは、直線距離は120kmですが、実際に行くとなると250kmくらいあるので、ゲストハウスのオーナー、「ムイ」に相談すると、タクシーを手配しようということになりました。

プリア・ヴィヒア往復約500km、120$でした。

カンボジア入りする前にツアー情報を調べていましたが、だいたい180$くらいします。ツアーは必要ないので、タクシーで決まりです。

当日は、6時出発。そして来たタクシーは…
まさかの「レクサス」

レクサス初乗りがカンボジアという…

カンボジアに来て、走っている車を見ると、最も多いのが「トヨタ」です。さすがです。さらにトヨタの高級車ブランド「レクサス」もかなり走っています。

トヨタとレクサスで約50%、他には日産、マツダ、ホンダ、三菱、ベンツ、ヒュンダイなどを見かけました。

数日見ただけなので、実際の統計とは違うかもしれません。クレームは受付けません。

さて道中、クーラーが効き過ぎているが、ドライバーが眠くなるといけないので、長袖を着る。

東南アジアとはいえ、長袖の持参は必須。

出発から2時間、かなりの牛の集団をあちこちで見たりしながら車は進み、検問のような所に着きました。

そこを超えて5分くらい行ってから、朝飯にしました。朝からビーフジャーキーと米、ピクルスとゆで卵で3$でした。

ここはアンロンベンという途中の町。目的地はもうすぐです。

そして9:30にチケットセンターへ到着。ほとんど歩いてないし、全然疲れていません。

チケットセンター…いかついおっさんが、今回のドライバー

チケットは10$ですが、ここで車を乗り換えて急な坂道を登るため、車代が25$かかります。誰もいなかったので、シェアなどできずチケットを購入。

最初30$払ってお釣りをもらおうとしたら、釣りがないと言われたので、25$ちょうどで支払い。細かいドルは要携帯です。

買った後に、欧米人らしき2人組が現れました。

乗り換えた車もこれまたTOYOTA!

閑散期なのか、客は1人。助手席に乗って後ろを見ると、荷台には3人の子供たちが…

繁忙期には皆荷台に乗って行くのだろう。フィリピンのジプニーみたいで、それはそれで面白いが。

車は25$ですが、バイクタクシーなら5$です。帰ってきた後、欧米系のカップルが原チャリを借りて行くようでしたが、プレア・ヴィヒアまではなかなかの坂道です。

車はローギアで登っていました。バイクは危ないのでおすすめしません。ケガするより20$多めに払う方が賢明です。

到着直前は、超でこぼこ道を、時速2〜3kmで移動。そして、車を乗り換えてから、約10分で到着。…あまりにもあっさり着いた。観光客らしい人は、ほとんどいません。

プレア・ヴィヒア全景

事前に調べた感じでは、山に登るとか、標高差がかなりあるからとか、大変なイメージがありましたが、全く何の苦も無く着きました。車のおかげですが…

そして、車を降りて歩くが、どこをどう行っていいのかわからない…すると後ろから日本語が聞こえる???

振り向くと、先ほどチケットセンターで見かけた2人の欧米人でした。どちらもフランス人男性で、おじと甥の関係のようです。

若い甥の方のオリビエは、奥さんが日本人で、2007年頃まで日本に住んでいたので、日本語が話せました。しかし、ほとんどの会話は英語でやり取りしました。

オリビエのおじさんは、カンボジアには何度も来ていて、プレア・ヴィヒアも二度目ということで、いろいろ解説して教えてくれました。そう言えば、カンボジアは元フランス領…

第一塔門はあとで行くから、先に上まで上がろうということで、2人に付いていくことに。何かよくわからないが、運がいい。

参道…誰もいません
貯水池…オリビエいわく「お風呂」

さて、オリビエにはいろいろ教えてもらいました。地球の歩き方には、「こんにちは」=「チョムリアップ・スオ」と書いてましたが、発音が違うのか全然通じません。

オリビエが言うには、「こんにちは=スーズダイ」でした。これは、どこでも通じたので、以後帰国するまで使いました。「オークン、オリビエ」

また、彼によると、現地の人はアリのことを「ポル・ポト」と呼ぶらしいです。突然体に這い上がってきてチクチク刺す嫌な奴だからでしょうか…大きな声では言えません。

そして第二塔門に到着。アンコール・ワットと比べてだいぶ小さいので、非常に楽です。雨もなんとか降らなかったので良かった。

第二塔門…前を歩くのはオリビエのおじさん
レリーフは「乳海攪拌」
第二塔門全景

参道は一本道なので、どう考えても迷うことはありません。第三塔門へ着きました。

第三塔門…先を行くオリビエとおじさん

いやしかし、いいガイドとカメラマンに出会えたものです。オリビエとは日本語と英語でいろいろ話ができました。

撮影オリビエ…こんなことならもっとイカス服で来とけば…
撮影オリビエのおじさん
第四塔門から見た第三塔門

最上部へ近づくにつれて、人が多くなってきました。先に来ていた観光客のようです。

そして途中からちょっと横にそれて、絶景スポットを目指します。この「天空の寺院」の崖の上からの絶景が素晴らしく、遺跡とセットで MUST VISIT なのです。

外にある祭壇で祈る人々

ようやく断崖へ到着。と言ってもたいして歩いてないので、前日のアンコール・ワット+他の遺跡見学に比べたら楽勝、楽勝…

???…何も見えませんが…
なんじゃあ、こりゃあああああーーっっ!!

絶景スポット、まさかの霧!

真っ白で何も見えません…なんてこったい!

一瞬だけ霧がはれたので即撮影!

こういうオチが付いたわけですが、世界遺産はあくまで天空の寺院であって、絶景ではないので、まあ仕方がない。世界遺産「プレア・ヴィヒア」は制覇したのだ。

絶景は いつも見れると 思うなよ

駐車場へ戻りながら、いろいろ撮影。オリビエ達もそれぞれ見て回っています。おじさんは、調査か何かしているようにも見えました。

瓦礫の山も何箇所かありました
中に入れるところは入ってみた
このレリーフは、「ダンシング・シヴァ」のようだ
最初の建設からは1000年以上経っています…
第三塔門のこの破風は、聖牛ナンディンに乗るシヴァ神

そして、第一塔門まで戻ってきました。さらにここから下にある石段を見るために少し下りてみました。オリビエのおじさんは足があまりよくないので、ここは下りれず、いったん別れて、後でまた合流しました。

ナーガさんが入口を守っています
この向こうがタイとの国境(往来はできません)
第一塔門手前の参道

ちらほら日本語が聞こえました。日本語ガイドと日本人が何組か来ており、ゆっくり遺跡を回っていました。

ここに来るには、シェムリアップから車で3時間半~4時間、さらに悪路を4輪駆動車で登るので、10人以上の団体観光客などは皆無でした。

1~4人くらいなら、タクシーをチャーターして来れば、そんなに大変ではないと思います。あくまで個人的な意見です。

11:40に「プレア・ヴィヒア」見学終了、約2時間の滞在でした。オリビエ達は別のパゴダに行くと言っていたので、ここで別れました。メルシー、オリビエとおじさん。

そして、11:55に下山。帰ろうとしたのだが…

ドライバーがいません。車もない…??なんでやねん!?チケットセンターで聞いても知らないというだけ。

数分後、オリビエ達が戻ってきたので、一緒に探してもらいました。チケットセンター隣の敷地に2台のレクサスがあったので、オリビエがあれじゃないか?と指さします。

隣の敷地にいるとは思いませんでしたが、ドライバーはここで昼寝中でした。いや、まだ午前中だから朝寝中か…??逃げてなくてよかったぜよ。

さて、午前中で終わってしまった「プレア・ヴィヒア」。これで帰って終わりはもったいないので、「日帰り」さんと同じように、帰り道がてら「コー・ケー」遺跡へ行くことに。

コー・ケーに行くには、別の道を通って多少遠回りになりますが、巨大ピラミッドがあるので、こいつは行っておきたいなと考えました。

ドライバーにその話をしたら、追加料金をくれとのこと。いくら?と聞くと20$。それで20$渡したら、やっぱり25$と言い出した…ので、5$追加。

合計25$払い、コー・ケー遺跡へGO!

to be continued…

迷わず行けよ、行けばわかるさ世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です