【世界遺産30-3】古都京都の文化財3(京都府・滋賀県)

世界遺産、全部行ったら海賊王!

古都京都の文化財(Historic Monuments of Ancient Kyoto)
1994年登録

2018年9月16~17日

古都京都の文化財3日目の続き

午後からはだいぶスケジュールが変わり、予定していた延暦寺の通り道近くにあった「銀閣寺」に向かいました。観光客もそこまで多くもなく、侘び寂び具合もちょうどよく、非常にいい場所でした。

10.銀閣寺(東山慈照寺)

東山慈照寺総門

観音殿=銀閣(国宝・1489年)
鹿苑寺の「舎利殿(金閣)」、西芳寺の「瑠璃殿」を踏襲し、本来は「観音殿」とよばれていました。一層の「心空殿」は書院風、二層の「潮音閣」は花頭窓に桟唐戸という唐様仏殿の様式です。閣上の聖堂の鳳凰は東面し、観音菩薩を祀る銀閣を守り続けています。

東求堂(国宝・1486年)
足利義政の持仏堂。一層の入母屋造り、檜皮葺きの現存する最古の書院造。同仁斎とよばれる北面東側の茶室は、四畳半の間取りの始まりと言われている。

展望所からの眺め…こういう造りは金閣寺によく似ています。

いろいろな意味で最も風流でバランスのよい場所が、この銀閣寺だったような気がします。そういった感じ方は人それぞれで異なるでしょうが、とても心が落ち着き、いつまでも居たいと思わせる場所でした。

次に行く前に、腹が減ったので飯にしました。おにぎり屋があったので、おにぎりと鮎の塩焼きをいただきました。鮎の塩焼きは、時代劇の水戸黄門でよく出てきたので、いつか食べたいと思っていました。

そう、人生楽ありゃ苦もあるさ。

そして塩焼きを喰らったら、この日の最後の目的地「醍醐寺」へ。

11.醍醐寺

この後ろが伽藍で、国宝の金堂や五重塔があるのですが、台風被害のため立入禁止…霊宝館と三宝院のみ見ることができました。

金堂(国宝)は、豊臣秀吉の命により紀州から移築されたもので、本尊の薬師如来坐像、日光・月光菩薩立像は重要文化財指定です。醍醐天皇の菩提を弔うために951年に完成した五重塔(国宝)は京都府最古の木造建築物です。

唐門(国宝・1599年造営 2010年に修復)
三宝院の表書院(国宝)は、この唐門の後ろにありますが写真は撮れませんでした。

三宝院大玄関(重要文化財)

三宝院庭園(国の特別史跡・特別名勝)

三方院は、豊臣秀吉が1598年に催した「醍醐の花見」を契機に整備され、庭園は秀吉自らが基本設計をしたものと言われています。

伽藍が見れなかったので、醍醐寺は半分といったところでしょう。二条城もそうです。近年、台風や大雨、大地震などが頻発しているので、人命はもちろん、文化財を守ることも非常に重要性を増してきています。

次の日のことを考え、祇園というところに宿を取りました。この祇園が京都一の繁華街だということを、来てはじめて知りました。とにかく人が多い…日本人も外国人も…

4日目

さすがに奈良から続けて寺や神社を20件近く訪れると、だいぶ疲れが出てきます。しかし、明日にはもう京都を出るので、この日に4件、明日2件をこなさないといけません。だんだん観光ではなく修行僧のようになってきました。

12.清水寺

なぜこの日、清水寺に最初に行ったかというと、朝6時から開いているからです。さすがに6時無理でしたが、8時前には到着しました。あの清水の舞台から飛び降りる、の清水寺です。

仁王門(重要文化財)と三重塔(重要文化財)

経堂(重要文化財)

田村堂(重要文化財)

 

清水寺本堂(国宝・1663年再建 創建は798年)
現在、本堂の檜皮屋根の葺き替え工事中でした…中には入れますが、外から見たらこんな感じです。紅葉の時期に来たら、もっと美しかったことでしょう。

50年ぶりの大修理のようですが、いつまでかかるかはわかりません。そして清水寺を出て参道で朝食。八つ橋クレープとやらを食してみると、これがなかなかうまし。さらに飲んだ宇治茶が美味すぎて、おみやげに買ってしまいました。

13.延暦寺(滋賀県大津市)

早朝に清水寺に行ったのは、次の延暦寺がかなり遠いからです。17件中14件が京都市、2件が京都府宇治市、この延暦寺だけが滋賀県です。京都じゃないけど、まあ細かいことは気にしない気にしない…

延暦寺に行くには、急カーブの山道を登らなくてはなりません。そして、途中でわかったのは、「比叡山ドライブウェイ」という専用有料道路を通らないといけないということです。

比叡山からの眺め…琵琶湖が見えます。

しかも「東塔地域」、「西塔地域」、「横川地域」という三つのエリアがあり、全部行くとなると丸一日かかってしまいます。全部は行けないので、一番近くの「東塔地域」だけにしました。残りは西芳寺に再訪時に行く予定…

さて、東塔までだと往復で1670円かかります。西塔、横川までなら3920円です。なかなかの金額ですが、小型車や普通車の場合です。バスなら倍以上かかります。

そしてようやく到着。比叡山延暦寺…ここもまた教科書でよく出てきたお寺です。

まずは国宝殿で開催されていた至宝展を見学。

そして国宝の根本中堂は工事中でした。しかも他の寺社とは違い、お堂をまるごと建物が包んでいます。この工事の形態は、以前行った富岡製糸場と同じやり方です。

今回は60年ぶりの大改修で、2016年から10年間の予定です。というわけで、2026年以降に再訪予定…

中に入ることはできます。

文殊楼…中に入れますが、階段というよりはしごに近いものを上り下りするので、足が悪い人にはおすすめできません。

戒壇院(重要文化財・1678年再建)
重要文化財なのに穴場なのか、人が誰もいません。山の中の寺なので階段が多く、かなり上り下りしないといけません。

この東塔地域を回るだけでも2時間近くかかりました。西塔、横川中堂(拝観は16時まで)に行けば、間違いなく丸一日かかってしまうでしょう。まだ次があるので、今回は東塔のみで。

そして再び比叡山ドライブウェイを下り、京都市内へ戻りました。
京都市最後の残り2件は神社です。そして宇治市の2件で全17件制覇です。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です