ヒッチハイク(Hitch hike)

世界遺産、全部行ったら海賊王!

2018年9月6~20日の約2週間、福岡から車で名古屋に行き、格闘技セミナーに参加後、奈良の世界遺産、京都の世界遺産、萩の世界遺産を回って、福岡に帰ってきました。

その様子はこちら

高速道路のパーキングばかりでなく、普通の道路でもヒッチハイクを見かけることが多くなりました。

ヒッチハイクをしたことはありませんが、車の側として乗せたことはあります。
そういう観点から、もしやるならどういう点に注意すべきかなど考察してみます。

福岡から名古屋へ車へ行く時、初日は広島まで行き友人宅に滞在し、それから一気に名古屋まで行きました。途中、兵庫県のどこかのサービスエリアに、ヒッチハイクをしている若者を2人見つけました。

見た目20歳前後で、軽装でリュックを背負い、リュックには福岡→東京と書いた段ボールを付けていました。

同じ福岡から来た者として、ここは手を貸してあげたいが、すでに誰かの車で行っている途中かもしれないと思い、しばらく様子を見てました。

10分以上経っても座ってキョロキョロしているので、これは待っているなと判断し、声をかけ、そのまま乗せてあげました。聞けば2人共自分と住んでいるところも近く、福岡でも有名な大学の大学生だったので、いろいろ話ができました。

もともとは何の目的もなく、東京まで行こうと思い立ちヒッチハイクをしていたらしいのですが、最初の頃に乗せてもらった人に、目標を作れと言われたそうで、東京に行って国会議事堂で写真を撮るという目標を作ったようです。

結局250kmくらい乗せていき、名古屋の手前で降ろしました。
本人達はその日の目標は京都だったので、だいぶ進んだわけです。

その後、彼らのInstagramをチェックすると、無事に国会議事堂で写真を撮って、福岡へ戻ったようです。めでたしめでたし。

さて、こちらも名古屋、奈良、京都と世界遺産訪問を済ませ、その後広島に向かいました。すると今度は岡山の吉備インターで、またしてもヒッチハイクの若者が!?

この時も大学生くらいの2人組でした。広島と書いた段ボールを掲げていました。同じようにしばらく様子を見て、乗せる人がいなさそうだったので、車内を片付けて、さあ乗せに行こうとした時、1台の車が彼らの前に止まり、そのまま乗せて去っていきました。

結構、高速道路を走ることはありますが、行きと帰りに同じようなヒッチハイクに遭遇するとは…今までなかったことです。ヒッチハイク、流行っているのか?

まあしかし、安全に気を付けてタダで目的地に行ければ、言うことなしでしょう。世界を回っていてお金がなくなったりしたら、最後の手段としてやるかもしれません。

この話以前にも、ヒッチハイクを見たことはあります。その時は、車を停めにくい大通りの路上でやっていたので、場所を変えるようアドバイスしたことがあります。

・車が停まりやすい場所でやる
・行先をわかりやすく示す
・なるべく2人以上でやる

乗せてくれる人全てがいい人とは限りません。変質者や犯罪者、予備軍のような人がいるかもしれません。最後の2人以上でやるというのは、その点に注意しています。

どうしても1人旅でヒッチハイクをしたいなら、最低限の護身の知識や技術は知っておくべきです。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、世界遺産

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です