ワノ国を鎖国せよ!新型コロナウィルスとの第三次世界大戦

2019年には想像もしていなかったパンデミックと、まさかの東京オリンピック延期…その原因が

新型コロナウィルス

というわけで、2020年3月末には潜伏先を脱出。新しい事務所へ引越しました。

新型コロナウィルス感染の収束まで、海外には行けないので、stay homeでteleworkです。

新型(コロナウィルスによる)肺炎が、日本国内で最初に見つかったのが2020年1月15日。

最初の日本人の感染者が出たのが1月28日。死者が出たのが2月13日。

5月にいったん収束しかけたものの、第二波、第三波と状況ははるかにひどくなっています。

2021年1月15日現在、世界の感染者は9000万人以上、死者は約200万人。

ワクチンや治療薬が開発、流通しない限り、収束には数年かかるでしょう。

東京オリンピックは開催不可能です。選手や関係者のためにも早めに決定して、オリンピック用の施設を医療機関として活用したりするべきです。

世界遺産、今は行けないので潜伏王!日本国内はまもなく再開…予定は未定。

Stay home Man マスク
マスクマスクマン、マスクの時代到来!

もちろん、全ての人がSTAY HOMEできるわけではありません。

人の数だけ生活の種類があるので、できる人は感染を拡大させないように協力すべきです。

マスク不足も解消されています。

ただ、こういう緊急事態になると、デマや詐欺も増えます。人間の本性というものも、よく表れてくるので、信用できる人とできない人の見分けが付きやすくなります。

さて、1960年代に発見された風邪の原因となるのが、4種類のコロナウィルス。

2003年にSARS(感染者数5327人)、2012年にMERS、そして2019年に見つかった今回の7番目の奴は、SARS-CoV-2という名前なので、SARSの親戚らしいです。

しかし、これを機に感染症に対しての情報を知っておかないと、世界遺産訪問中に命の危険にさらされるかもしれないと気づかされました。

2019年にカンボジアを制覇し帰国後、一週間程激しい下痢が続いたので、マラリアかデング熱か?と思いましたが、発熱がなかったので違いました。

原因は不明です。蟻をたくさん食べたからかもしれません…

感染症

感染症は、ウィルス、菌(細菌・真菌)、虫(原虫・寄生虫)などの病原体が、体内へ入り込んで発症します。

対策としては、感染経路を断つことで、消毒などの各種予防、ワクチンで免疫をつけるなどがあげられます。

専門家ではないので、詳しくは専門のサイトでチェックして下さい。ちょうど今読んでいる本に少し書いてあるので、抜粋しています。

ワクチンについてもそんなに詳しくは知りませんでしたが、日本は21世紀になるまでは、ワクチン途上国だったようで、接種していないワクチンが、かなりあるようです。

そして、世界を旅するにあたっては、さらに要注意な感染症があるので、これも接種しておく必要がありそうです。

例えば、A型肝炎、髄膜炎菌感染症、腸チフス、デング熱、狂犬病、黄熱など…結構あるな。ちゃんと調べておこう。

パンデミック

Pandemicとは、感染症の世界的大流行のことを指します。これほど広がってしまうと、もはや世界大戦と言ってもいいぐらいのウィルスとの大戦争です。

天然痘、結核、鳥インフルエンザ、エイズなども含めると膨大な数になりますが、新型コロナは世界大戦クラスとしては、ペスト、スペイン風邪に続く第三次世界大戦と言えそうです。

ペスト(黒死病)は何度かのパンデミックがあり、最悪だったのが1347~51年で死者数約2億人と言われています。

スペイン風邪は新型コロナと同じインフルエンザ系で、1918~19年の死者数は約4000万人。

天然痘だけは、人類が唯一根絶に成功した感染症ですが、その戦いは古く、奈良の大仏の建立理由が天然痘の流行を鎮めるためであったと言われています。

ウィルスとの戦争は未来永劫続くのです…

世界遺産とコロナの影響

2020年は、東京オリンピック観戦に世界中から観光客が!という当初の予定から、パンデミックで全く正反対になってしまいました。

2020年はベトナム、ドバイ、イギリスに行く予定でしたが、全て未定となりました。行けるか行けないかは、収束次第です。

しかし、経済活動が鈍化した影響で、大気汚染が大幅に改善されたなどのレポートも出始めています。

アメリカ、フランス、イタリア、中国など、ロックダウンした地域は、一時的でしょうが大気汚染が改善しているようです。

毎年200万人が大気汚染による呼吸器系疾患で亡くなっている、最悪レベルの大気汚染国インドでも、PM2.5、二酸化窒素の濃度が大幅に減り、スモッグが消えたようです。

特に自然遺産においては、このままだとかなり環境改善していくのではないかと思います。

これからの状況次第で、また調査していくつもりです。

イギリス再訪は未定

イギリス再訪問は、かねてから予定していましたが、しばらく行けそうにありません。

2020年の1月5日に引退した、伝説のマスクマンがいます。そう、獣神サンダーライガーです。

ライガー誕生の時、ライガーは、その中の人と言われている「〇〇はリヴァプールの風になった」と発言したそうです。

というわけで、ライガー引退に合わせて、「世界遺産リヴァプール」へ…という流れは、2019年にはできていました。

もちろんその時のマスクは愛用のライガーマスクで。本人直筆サイン入りです。

獣神サンダーライガー マスク
獣神サンダーマスク

さらに2020年は、ジョン・レノン生誕80周年の年なのです。ジョン・レノンとビートルズの誕生の地と言えば、リヴァプールです。

ビートルズの歌をSpotifyで聴きながら練習していましたが、このまま続行しましょう。

また2020年は、ブルース・リーも生誕80周年です。李振藩として育った香港は激動の時代を迎えています。

そしてもう一つ予定していた秋のドバイ万博も、東京オリンピック同様2021年に延期となりました。

いつになるかはわかりませんが、次回イギリスに行く時は、2015年のロンドン訪問時に時間がなくて行けなかった「ホジャ―・グレイシー」の柔術道場にも行く予定です。

この世界最強クラスの柔術家ですが、なんと3月に新型コロナウィルスに感染していたようです。

現在は回復しているようですが、若くても感染すると危ないんだ、というインタビュー記事がありました。

映画俳優や、スポーツ選手の感染も拡大しています。誰の身にも起こることです。全世界での収束を目指して、今は stay home しておきましょう。

家でもできる仕事に切り替えたので、あとは資産作りです。あの方も言っているように…

「現金が一番、現金があれば、なんでもできる!」

次の訪問先は、感染を抑え込んでいるニュージーランドかベトナムですが、鎖国中は動けません。

いったいどうなるのか!?

to be continued…

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です